これまでの展示

ICOM京都大会開催記念 特別企画 京博寄託の名宝
─江戸絵画の華─
2019年8月14日 ~ 2019年9月16日

中国絵画展示室では、この期間、近世絵画の展示をおこないます。

およそ250年にわたる繁栄を築いた江戸時代において、常に画壇の中心にあったのは日本最大の絵画流派、狩野派でした。いっぽう、それ以前までに比べ、絵画の制作者・享受者がともに飛躍的に増加したのも江戸時代の特徴です。いわゆる「鎖国」下においても、幕府による制限管理のもととはいえ海外から多くの文物がもたらされ、そうした刺激が多様な制作者による多彩な表現の原動力となったのです。

展示作品リスト

指定 作品名 員数 所蔵
国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆 2曲1双 京都・建仁寺 音声ガイド
重文 雪汀水禽図屏風 狩野山雪筆 6曲1双 音声ガイド
国宝 夜色楼台図 与謝蕪村筆 1幅
大和美人図屏風 河鍋暁斎筆 2曲1隻

展示作品及び展示期間は、都合により変更される場合があります。ご了承ください。
:音声ガイドで解説がお聞きになれます(有料・館内で貸し出し)。

本展示室以外の展示作品リスト

陶磁:京の社寺に伝わる陶磁器【3F-1展示室】
考古:寄託の国宝─出土遺物から【3F-2展示室】
肖像画:京の古寺と大画面の肖像画【2F-1展示室】
仏画:王朝文化の輝き─華麗なる平安仏画の世界【2F-2展示室】
中世絵画:初期狩野派の名作【2F-3展示室】
近世絵画:京都の寺院障壁画【2F-4展示室】
彫刻:京都の仏像・神像【1F-1展示室】
中国絵画:名刹に伝わる宋元の名画【1F-2展示室】
書跡:京の社寺と国宝の書【1F-3展示室】
染織:神・人・仏を彩る染織【1F-4展示室】
金工:信仰をつなぐ金属工芸【1F-5展示室】
漆工:社寺が伝えた珠玉の漆器【1F-6展示室】

ICOM京都大会開催記念 特別企画「京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ