メニュー

BLOGBLOG

2022年7月アーカイブ

2022年7月22日

特別展「河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」を予習するリン♪

特別展「河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」を予習するリン♪

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin
きょうはなんと!
特別展「河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」の予習のために、展覧会担当の井並研究員が観心寺と金剛寺まで連れて行ってくれることになったよ☆
正直 楽しみすぎて眠れなかったリン。

inami(井並研究員)
トラりん、お待たせ。あいにくの雨だね。

torarin(トラりん)
井並研究員!まさかのドライブ!? ごうかな予習だリン!

torarin

inami
今日は河内長野の歴史と、観心寺と金剛寺について知ってもらうために来てもらったよ。
早速だけど出掛ける準備はいいかな?

torarin
\安全運転で、れっつごー☆/
torarin (安定の雨模様☆ )

inami
トラりんは河内長野市がどこにあるか知っているかな?

torarin
たしかチラシには大阪府南部って書いてあったような...

inami
お、トラりん、ちゃんとチラシを読んでいてえらい!
そう、河内長野市は大阪府南部に位置していて、京都から高野山への街道の合流地点として栄えたよ。ここには観心寺と金剛寺という真言宗の大きなお寺があるんだ。南北朝時代には後醍醐天皇の皇子・後村上天皇の行宮(あんぐう)となり、南朝勢力の拠点となったことでも知られるよ。行宮というのは天皇の仮の宮殿という意味。
中世の歴史の舞台となったということで、令和元年(2019)に認定された日本遺産「中世に出逢えるまち」の主要な構成文化財にもなっているんだ。

torarin
「中世に出逢えるまち」って素敵なフレーズだリン☆

torarin

inami
そういう歴史のあるお寺だから、京都との関わりも深いんだ。
京都国立博物館では、平成28年度(2016)から令和元年度(2019)にかけて、観心寺と金剛寺の文化財を調査させていただいたんだ。お寺や地域の方々も含めて、多大なご協力を得て実施した事業だから、その成果を発表する機会として今回の特別展を企画したよ。
じつは、観心寺と金剛寺に伝わる文化財が一度にまとまったかたちで展示されるのは初めてだから、ぜひ多くの人に見てもらいたいな。

torarin
みんなの想いがつまった展示なんだね!観心寺と金剛寺の歴史をしっかり伝えられるよう、PR大使として頑張るリン!



inami
さて、まずは観心寺に到着!

torarin

torarin
な、なんと、ここで!
雨がやんだ!!!

inami
幸先がいいね!

torarin
あ、あそこで手を振っているのは誰かな?

torarin

inami
観心寺のご住職・永島全教さんと、河内長野市の公式シンボルキャラクター・モックルだよ。

kanshinji(観心寺 永島住職)
ようこそ観心寺へ。

mocklei(モックル)
ど―もっくる~!会えて感激っくる~。

torarin
モックルりん☆ 初めましてだリーーーーーン!

torarin

mocklei
一緒にお参りしよぅっくる~。

torarin
ありがとリン!参拝させていただくリン。

torarin

torarin
金堂の内陣にも特別に入らせていただいたリン...
感激だリン...

torarin

inami
観心寺は、役小角(えんのおづぬ)開創と伝える高野山真言宗遺跡本山のお寺。空海の高弟であった実恵やその弟子の真紹によって整備され、朝廷の庇護を受けて発展したよ。それから、南朝方の武将として名高い楠木正成が少年期に学んだという伝説があることも重要なポイントだよ。
今トラりんがいる金堂は、14世紀に建立されたと考えられている国宝だからね...恐れ多いね...後ろに見えている曼荼羅も中世の壁画だよ...
そしてトラりんの目の前の厨子の中には、平安初期彫刻の名品として知られる本尊で秘仏の如意輪観音坐像が安置されているよ...

kanshinji
トラりん、モックル、井並さん、今日はようお参り下さいました。
この建物は、約700年前に南朝の後醍醐天皇の命で建てられた国宝の金堂です。
観心寺の檀家でもあった楠木正成が奉行に任されました。
そして本尊様は、約1200年前に弘法大師・空海が北斗七星と共におまつりした如意輪観音という6本の手で優しく助けてくれる国宝の観音様です。
秘仏なので4月の17日と18日しか観ることは出来ませんが、毎年全国からたくさんの方がお参りに来られます。

torarin

torarin
観心寺には、北斗七星と観音様がおまつりされているんだね。山門のそばには、楠木正成さんの像もあったよ。神秘的な雰囲気に、なんだか心が落ち着くのを感じたリン。

mocklei
一緒にお参りしてくれてありがとっくる~☆
トラりんと観心寺に来れてよかったっくる~!

inami
じゃあつづいて、モックルも一緒に天野山金剛寺へ出発!



amanosan-kongoji(天野山金剛寺 堀座主)
ようこそ天野山金剛寺へ。

torarin

inami
こちらは天野山金剛寺座主・堀智真さん。

torarin
こんにちリン!モックルりんとお参りするリン☆

torarin

inami
天野山金剛寺は、行基開創と伝える真言宗御室派大本山のお寺。高野山で学んだ阿観が再興し、やはり中央貴族との関わりによって大きく発展したんだ。子院の摩尼院は後村上天皇が行宮として五年間滞在したところだよ。
ご本尊の大日如来坐像と脇侍の不動明王坐像・降三世明王坐像は、阿観が活躍した平安時代末期から数十年後の鎌倉時代初期にかけて製作されたとても大きな仏様。大日如来と不動明王の2躯は、平成29年度(2017)までの金堂の改修中、京博で展示していたからご記憶の方も多いはず。

torarin
金剛寺でも、重要文化財の金堂の内陣に入らせていただいたよ。
京博での展示は、ボクもよく覚えているリン。
またお会いできるなんて、うれしいリン...
懐かしいお姿...

mocklei
会えてよかったっくるね~!

torarin

amanosan-kongoji
トラりん、モックル、井並さん、今日はようお参り下さいました。
この金堂は、鎌倉時代に建てられました。平成21年(2009)から9年かけて平成大修理が行われ、
美しい彩色も復元されました。大修理に合わせてご本尊様と脇侍の調査も行われ、不動明王坐像の胎内から発見された墨書から天福2年(1234)に仏師・快慶の高弟、行快(ぎょうかい)の作であることが分かりました。
ご本尊様と脇侍は、春と秋に日月四季山水図屛風と合わせて特別公開を行っています。今秋は、11月3日~5日に行いますので、是非、お越しください。


torarin

torarin
金剛寺の金堂は、朱色がとってもきれいだなって思ったけれど、大修理で復元されていたからなんだね。雨の後の緑に映えてあざやかだリン☆

mocklei
一緒にお参りしてくれてありがとっくる~。
河内長野の名所を知ってもらえて、モックルもうれしいっくる~!

inami
よく知られた名品から、新発見の作品まで、寺宝の数々を紹介する特別展「河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」をどうぞお見逃しなく!

torarin
お見逃しなく!!(大事なことだから被せてみた☆)

mocklei
なにとぞ...なにとぞお見逃しなく!!!(大事なことだからさらに被せてみたっくる☆)

mockleitorarininami
\この夏は京博と河内長野市を巡ってみよう☆/
torarin




\関連イベント/
「中世に出逢えるまち」デジタルスタンプラリー
開催期間:2022年7月30日(土)~9月11日(日)
大阪府河内長野市の日本遺産「中世に出逢えるまち」のストーリーを構成する文化財や、京都国立博物館などを巡るデジタルスタンプラリーです。
https://www.city.kawachinagano.lg.jp/soshiki/16/70865.html
torarin




\おうちで楽しむ特別展/
特別展「河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─」鑑賞ガイド
歴史の舞台!観心寺と金剛寺




\展覧会概要/
特別展 河内長野の霊地 観心寺と金剛寺─真言密教と南朝の遺産─
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のためのお願いにご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。
会期等は今後の諸事情により変更する場合があります。随時、京博ウェブサイトや公式Twitterにてお知らせいたしますので、ご来館の際は最新情報をご確認ください。
※本展はご予約不要でご覧いただけます。

■会期:
2022年7月30日(土)~9月11日(日)
■会場:
京都国立博物館 平成知新館2F、1F
■休館日:
月曜日
■開館時間:
火~木・日 9:00~17:30(入館は17:00まで)
金・土   9:00~20:00(入館は19:30まで)
■観覧料:
一 般 1,200円
大学生 600円
高校生 300円




torarin
torarin

2022年7月12日

特別公開「熊本・宮崎の古墳文化─石人と貝輪─」を見に行くリン!

特別公開「熊本・宮崎の古墳文化─石人と貝輪─」を見に行くリン!

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin

もうすっかり夏だなぁ。
夏といえば、今年は祇園祭が開催されるね!ボクもお祭りに行きたいな~。
お祭りといえば、わたあめ、りんごあめ、焼きとうもろこし......

furuya(古谷研究員)
やあトラりん、お待たせ。

torarin(トラりん)
あっ!その声は、古谷研究員!
きょうは一緒に展示を見ようって誘ってくれてありがとー!
エアハイターッチ☆

torarin

furuya
ところでトラりん、展示を見に行く前に紹介したい人がいるんだけど......

torarin
えー!だれだれ?

ishida(石田研究員)
はじめまして、トラりん! 会えてとてもうれしいな。4月から京博の考古室に着任した石田といいます。

torarin

torarin
祝☆初登場~!(ぱちぱちぱち)

furuya
石田研究員は、奈良の文化財研究所で平城宮や藤原宮の発掘調査や研究に携わっていた研究者で、寺院や宮殿の屋根を飾った瓦の研究をしているよ。また、もうひとつの専門は西日本の縄文土器で、学生時代から研究を続けているんだよ。

ishida
古谷研究員にご紹介いただくとは照れます。トラりん、どうぞよろしくね。

torarin

torarin
よろしくリン! 京博のことは、ボクになんでも聞いてねっ!(えっへん)
ところできょうは、どんな展示を見に行くの?

furuya
今回は、熊本県と宮崎県の独特な古墳文化を紹介する展覧会で、九州地方以外では見られない石人や琉球諸島産の貝で作った貝輪などを中心に展示しているよ。さっそく3人で...

ishidatorarinfuruya 展示室にれっつごー!

torarin

furuya
1つ目は、「石人(せきじん) 熊本県木柑子高塚(きこうじたかつか)古墳出土 (熊本県立装飾古墳館所蔵)」と言って石で造った人物像だよ。

torarin

torarin
むむっ☆ボクと同じモノトーンだね!

furuya
この石人は熊本県木柑子(きこうじ)高塚古墳から出土した石の人物像だね。
石人は九州の真ん中にある阿蘇山の周(まわ)りに拡がる阿蘇石と呼ばれる軟い石材で造られていて、有明海沿岸部の熊本県・福岡県南部を中心に大分・佐賀・宮崎県に分布しているんだよ。
torarin
ふんふん、なるほど。

furuya
5世紀から6世紀にかけて造られたもので、人物像のほかにも動物形や家・盾・蓋(きぬがさ)などの器財形もあって、形象埴輪との共通性が高いことから「石の埴輪」とも呼ばれているんだよ。

torarin
石の埴輪かあ。埴輪はふつう、やきものだもんね。
九州限定ってことは、ご当地グルメならぬご当地埴輪だリン☆

furuya
ただ、埴輪と一緒に使われることも多いけど、1〜2個の場合も多いので、その性格については定説がまだないんだ。とても不思議な造形だね。

torarin
なんだかにっこりわらっているみたい~!

torarin

ishida
考古の名品ギャラリーには群馬県から出土した人物埴輪を展示しているよ。石人と見比べてみると面白いかもしれないね。

torarin
違いがわかる虎☕

torarin

furuya
2つ目は、沖縄県の琉球諸島で採れた貝で作った腕輪、「貝輪(かいわ)(ゴホウラ製) 宮崎県大坪(おおつぼ)1号地下式横穴墓出土 (宮崎県立西都原考古博物館所蔵)」だよ。

torarin
torarin
大きな貝!!!これが腕輪なの!?

furuya
この貝輪は地下式横穴墓という宮崎県独特の古墳から出土した腕輪で、ゴホウラという奄美(あまみ)諸島よりも南の水深10m以上のサンゴ礁に棲(す)む貝の貝殻で作られているんだ。ゴホウラの貝殻は厚手で光沢があり、貝殻の口の部分が袖のように大きく張り出す形に特徴があるんだよ。
九州では、弥生時代の初めから腕輪の素材となっていたので、琉球諸島の人々との交流が背景にあったと考えられているね。

torarin
レア貝☆

furuya
また、弥生時代の中頃からはこのような貝輪を模倣した青銅製の腕輪が作られたり、古墳時代前期には碧玉(へきぎょく)という美しい石でも腕輪形の石製品が作られていて、九州や本州などの人々の眼には大変魅力的に映っていたようなんだ。
さらに、古墳時代の中期から後期、5~6世紀でも、宮崎県の地下式横穴墓や有明海沿岸の古墳からは、ゴホウラ製をはじめとした貝輪がたくさん出土するので、九州の人々が再び琉球諸島との交流を深めた様子が想像できるね。

ishida
今は、年月が経(た)って色あせてしまっているけれど、当時は貝殻の光沢がつやつやしていて、とてもきれいな腕輪だっただろうね。きっと、古墳に埋葬されていた人のご自慢の品だったんじゃないかな。

torarin
1000年以上も前に生きていた人が大切にしていたアクセサリーが、こうして残っているなんて奇跡だリン☆
つやつや貝の腕輪、ボクの腕にも入るのかな~♪
あ、古谷研究員と石田研究員の腕には入りそう......

torarin
torarin

furuya
3つ目は、熊本県の石材に彫った、「浮き彫石材(的形他)(うきぼりせきざい まとがたほか) 熊本県広浦(ひろうら)古墳出土 (京都大学総合博物館蔵)」だよ。

torarin

torarin
あっ!よく見たら、模様があるリン!

furuya
これは熊本県広浦(ひろうら)古墳の板状の石材に彫られた浮き彫で、的形(あるいは鏡形)や刀子(ナイフ)などが表現されていると考えられているよ。
隣に並ぶ2つの石材には、大刀なども表されていて、丸い形や半円形の形は鏡や馬具などを表現しているとも考えられているね。
この3つの浮き彫は、大正時代に京都帝国大学の考古学研究室が調査した報告書で有名になったんだけれど、その後、熊本県と京都大学に分かれて保存されていたんだ。地元に里帰りしたことはあったけど、今回、ゆかりの京都の地では、初めて揃(そろ)って展示されるんだよ。

torarin
感動の再会!
一緒に並んで、なんだか嬉しそうだリン♪

ishida
この浮き彫は箱式石棺の石材などと考えられているよ。3つ並べてみるととても迫力があるでしょ。

torarin

torarin
考古の展示室では大きな銅鐸が印象的だけど、石で造られたものが並んでいると、ものすごい迫力だリン!

furuya
ほかにも、一緒に出土した古墳文化ではおなじみの銅鏡や鉄製甲冑・刀剣や馬具などもたくさん展示しているよ。でも、九州では古くからの琉球諸島との交流や地元産の石材を活かした貝輪・「石の埴輪」が加わり、独自の古墳文化が発達したことが判るね。このような本州などでは見られない九州ならではの古墳文化を是非、見てほしいね。

ishida
熊本・宮崎の古墳時代の貴重な考古資料を京都で見ることができるまたとないチャンスです。

furuyaishidatorarin ぜひお見逃しなく!!

torarin




\おうちで楽しむ京博/
■展示リーフレット
特別公開「熊本・宮崎の古墳文化―石人と貝輪―」リーフレット
torarin

特集展示「新発見!蕪村の「奥の細道図巻」」リーフレット

■博物館ディクショナリー
当館研究員が子ども向けに分かりやすく展示作品を解説しています。
蓮(はす)を愛する人は...
関連展示:2F-5中国絵画展示室「君子の花 蓮」(展示期間は~2022年7月24日)

■グレゴリ青山の 深掘り!京博さんぽ
京都在住の漫画家・グレゴリ青山さんが、京都国立博物館を紹介するエッセイ漫画です。
第15回 深掘り! 京博バックヤード10(多言語解説)




特別公開「熊本・宮崎の古墳文化─石人と貝輪─」
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のためのお願いにご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。
会期等は今後の諸事情により変更する場合があります。随時、京博ウェブサイトや公式Twitterにてお知らせいたしますので、ご来館の際は最新情報をご確認ください。
※本展はご予約不要でご覧いただけます。

■会期:
2022年6月28日(火)~7月24日(日)、2022年7月30日(土)~9月11日(日)
※2022年7月25日(月)~7月29日(金)は展示室は閉室です。
■会場:
京都国立博物館 平成知新館3F-2
■休館日:
月曜日 ※ただし、2022年7月18日(月・祝)は開館
■開館時間:
2022年6月28日(火)~7月24日(日):
9:30~17:00(入館は16:30まで)
2022年7月30日(土)~9月11日(日):
火~木・日 9:00~17:30(入館は17:00まで)
金・土 9:00~20:00(入館は19:30まで)
■観覧料:
2022年6月28日(火)~7月24日(日):
一般 700円、大学生 350円
2022年7月30日(土)~9月11日(日):
一般 1,200円、大学生 600円、高校生 300円




おまけ
torarin
ねーねー
二人は、お祭りに行ったら何を食べる?

furuya
やっぱり貯めたお小遣いで買ったおせんべいや揚げ物 、あんこ・きなこや水あめのお菓子が一番かな。わたあめやりんご飴はあまり買えなかったけれど...、金魚すくいに輪投げ・コルク鉄砲なんかで遊んだことは忘れられないね。

ishida
私はイチゴ味のかき氷かな。かき氷は今でも大好きで、暑い日はよく食べるよ。最近はふわふわの氷や、フルーツがたくさん載っているものなど、かき氷も種類が増えて楽しいね。

torarin
かき氷って、食べたときにキーーーンってなるところもいいよねっ!
ますます、夏が楽しみになってきたリンーーーー!!

torarin

TOP
TOP