その他のイベント

ヘドリー・スウェイン氏 ワークショップ及び講演会「イギリスにおける最新文化政策動向とオリンピック文化プログラム」

イギリスの文化政策に長年携わってきたアーツカウンシル・イングランドにおいて博物館に関する責任者であるヘドリー・スウェイン氏をお招きし、イギリスの文化政策の最新動向やロンドンオリンピックの文化プログラムの事例についてご講演いただきます。またワークショップでは、ICOM京都大会や東京オリンピック文化プログラムにおいて京都の博物館でどんなことが出来るか考えます。

ヘドリー・スウェイン氏 ワークショップ及び講演会「イギリスにおける最新文化政策動向とオリンピック文化プログラム」 ちらし
日時
〈ワークショップ〉2017年9月22日(金) 13:30~17:00
〈講演会〉2017年9月23日(土) 13:30~16:00
場所
〈ワークショップ〉平成知新館 大会議室
〈講演会〉平成知新館 講堂
参加費
無料(事前申し込み)

*申し込み方法等詳細はちらしをご覧ください。

ヘドリー・スウェイン氏 ワークショップ及び講演会 ちらし PDF

beyond2020

>>詳しくはこちら

2015年ユネスコ勧告を読み解く-今後の我が国の博物館像を考えるために-

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

55年ぶりに採択されたユネスコの博物館に関する勧告を読み解き、今後の日本の博物館のありかたについて考えます。

2015年ユネスコ勧告を読み解く-今後の我が国の博物館像を考えるために- ちらし 【京都会場】
日時
2017年9月18日(月・祝)ワークショップ 13:00~17:00
場所
平成知新館 講堂
参加費
無料(事前申し込み)

*申し込み方法等詳細はちらしをご覧ください。

2015年ユネスコ勧告を読み解く-今後の我が国の博物館像を考えるために- ちらし PDF

beyond2020

>>詳しくはこちら

解説と実演による文楽鑑賞入門

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

本公演は、初めて文楽に接する方にも楽しんでいただけるよう、公益財団法人文楽協会と連携し、文楽の太夫、三味線、人形の解説と体験(三味線は解説のみ)に続いて、本館にもつながりのある五条橋を舞台とした実演「牛若丸 弁慶 五条橋」をおこないます。

解説と実演による文楽鑑賞入門 ちらし
日時
2017年7月2日(日)13:30~15:00(13:00開場)
場所
平成知新館 講堂
料金
1,000円(税込)(全席指定)
※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
※チケット提示により平成知新館名品ギャラリーもご覧いただけます(当日のみ有効)
主催
京都国立博物館
制作協力
文楽協会
公演内容
13:00 開場
13:30~13:35 館長挨拶
13:35~13:40 研究員による紹介
13:40~14:20 文楽の解説と体験
14:35~15:00 実演「牛若丸 弁慶 五条橋」
出演
○太夫の解説と体験 豊竹芳穂太夫
○三味線の解説 鶴澤清丈′
○人形の解説と体験 吉田簑紫郎
○実演「牛若丸 弁慶 五条橋」
牛若丸豊竹始太夫
弁慶豊竹芳穂太夫
鶴澤清志郎
鶴澤清丈′
(人形役割)
牛若丸吉田簑紫郎
弁慶吉田玉勢
(人形部)
吉田玉翔 吉田簑太郎 吉田玉彦 吉田玉路 吉田簑之 吉田玉延

解説と実演による文楽鑑賞入門 ちらし PDF

>>詳しくはこちら

京キャラ博・京都ほんまもん祭

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

総勢40キャラ以上、ご当地グルメも盛りだくさん。
京都の物産・キャラクターが京博に大集合!

明治30年(1897年)5月に「帝国京都博物館」として開館した京都国立博物館は、平成29年(2017)に開館120周年を迎えます。「京キャラ博・京都ほんまもん祭」はこれを記念して開催するイベントです。イベントを通じて、博物館の新たな魅力を知っていただき、皆様に愛され利用される「開かれた博物館」をめざしてまいります。

>>詳しくはこちら

Daiwa Sakura Aid presents 京都国立博物館 COUNTDOWN 2016→2017のお知らせ

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

 京都国立博物館は2017年に開館120周年を迎えます。これを記念して、大晦日に夜間開館を行い、新年カウントダウンイベントを開催いたします。
 当日は、平成知新館名品ギャラリーをご覧いただけるほか、明治古都館前特設ステージにてジュスカグランペール、白井貴子、矢井田瞳による屋外カウントダウンライブ(無料)、平成知新館講堂にて京都南ライオンズクラブによるミニコンサート(無料)を実施いたします。また、庭園の屋台では温かい料理、飲み物等 (有料)を販売します。  京都国立博物館120周年の記念すべき幕開けをともに祝いましょう。

>>詳しくはこちら

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ