その他のイベント

京都国立博物館開館120周年記念公演 琉球古典 たまゆらの世界

たまゆらとは、「一瞬(瞬間)」、あるいは「かすか」の意味。
約300年前、琉球王朝時代に王府の中で花開いた琉球古典音楽・琉球舞踊・組踊といった雅やかな芸能は、近くで見なければ分からないような、そして一瞬気を抜くと聴き逃してしまいそうな、繊細な所作や音が多くちりばめられています。
わずかな動き・かすかな音楽の機微にふれる泡沫夢幻の世界を京都国立博物館120周年にふさわしい豪華な出演者でお楽しみください。

京都国立博物館開館120周年記念公演 琉球古典 たまゆらの世界 ちらし
日時
2018年1月8日(月・祝)午後1時/午後6時開演(開場は30分前)2回公演
場所
平成知新館
料金
前売6,500円/当日7,000円(全席指定・博物館観覧料含む)
※前売券完売の場合、当日券はございません。
※博物館の展示観覧時間は9:30-17:00(入館は16:30まで)。公演当日のみ有効。
主催
一般社団法人ステージサポート沖縄
共催
京都国立博物館
助成
日本芸術文化振興基金・朝日新聞文化財団
後援
京都府・京都市・沖縄県・公益財団法人日本伝統文化振興財団・京都新聞・沖縄タイムス社・琉球新報社・琉球放送
協力
公益社団法人銕仙会
お問合せ
ステージサポート沖縄070-5488-1863(平日11-19時)
京都国立博物館 075-531-0274(平日10-12時・13-17時)
http://www.kyohaku.go.jp/jp/
公演内容
琉球舞踊「若衆こてい節」
【踊り手】嘉数道彦・玉城匠
琉球舞踊「諸屯」
【踊り手】宮城茂雄
琉球古典音楽独唱
【歌・三線】西江喜春(人間国宝)
創作舞踊「軒端の梅」
(本公演初演作品)
【作詞・選曲】比嘉康春
【仕舞指導】清水寛二
【踊り手】佐辺良和
組踊「手水の縁」
【指導】宮城能鳳(人間国宝)
【配役】山戸 佐辺良和
玉津 新垣悟
志喜屋の大屋子 玉城盛義
山口の西掟 嘉数道彦
門番 玉城匠
後見 宮城茂雄
【歌三線】比嘉康春・新垣俊道・仲村逸夫・玉城和樹
【 謡 】清水寛二
【 箏 】池間北斗
【 笛 】大湾清之
【胡弓】森田夏子
【太鼓】久志大樹

(演目・出演者は予告なく変更の場合がございます。予めご了承ください)

京都国立博物館開館120周年記念公演 琉球古典 たまゆらの世界 ちらし PDF

>>詳しくはこちら

シンポジウム「文化財の記録と継承~文化財を守り、伝えるために~」

独立行政法人国立文化財機構は平成26年度より、非常災害時に文化財を守る体制をつくるため「文化財防災ネットワーク推進本部」を立ち上げました。京都国立博物館では、本事業の一環として、文化財の防災に関するシンポジウムを開催いたします。どなたでもご入場いただけますので、皆さまのご来場をお待ちしております。

シンポジウム「文化財の記録と継承~文化財を守り、伝えるために~」
日時
2017年10月28日(土)13:00~16:30
会場
けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)
2階ミュージアムホール
(木津川市木津川台9丁目6番・京都府相楽郡精華町精華台7丁目5番1)
※施設内の駐車場をご利用いただけます(無料)
JR祝園駅・近鉄新祝園駅から会場まで無料シャトルバスを運行いたします。
料金
無料(事前申込不要)
主催
京都国立博物館
後援
木津川市、精華町

シンポジウム「文化財の記録と継承~文化財を守り、伝えるために~」 ちらし PDF

お問い合わせ 京都国立博物館 総務課事業推進係
 TEL.075-531-7504
(平日の10時~12時および13時~17時、ただし祝日を除く)

>>詳しくはこちら

ヘドリー・スウェイン氏 ワークショップ及び講演会「イギリスにおける最新文化政策動向とオリンピック文化プログラム」

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

イギリスの文化政策に長年携わってきたアーツカウンシル・イングランドにおいて博物館に関する責任者であるヘドリー・スウェイン氏をお招きし、イギリスの文化政策の最新動向やロンドンオリンピックの文化プログラムの事例についてご講演いただきます。またワークショップでは、ICOM京都大会や東京オリンピック文化プログラムにおいて京都の博物館でどんなことが出来るか考えます。

ヘドリー・スウェイン氏 ワークショップ及び講演会「イギリスにおける最新文化政策動向とオリンピック文化プログラム」 ちらし
日時
〈ワークショップ〉2017年9月22日(金) 13:30~17:00
〈講演会〉2017年9月23日(土) 13:30~16:00
場所
〈ワークショップ〉平成知新館 大会議室
〈講演会〉平成知新館 講堂
参加費
無料(事前申し込み)

*申し込み方法等詳細はちらしをご覧ください。

ヘドリー・スウェイン氏 ワークショップ及び講演会 ちらし PDF

beyond2020

>>詳しくはこちら

2015年ユネスコ勧告を読み解く-今後の我が国の博物館像を考えるために-

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

55年ぶりに採択されたユネスコの博物館に関する勧告を読み解き、今後の日本の博物館のありかたについて考えます。

2015年ユネスコ勧告を読み解く-今後の我が国の博物館像を考えるために- ちらし 【京都会場】
日時
2017年9月18日(月・祝)ワークショップ 13:00~17:00
場所
平成知新館 講堂
参加費
無料(事前申し込み)

*申し込み方法等詳細はちらしをご覧ください。

2015年ユネスコ勧告を読み解く-今後の我が国の博物館像を考えるために- ちらし PDF

beyond2020

>>詳しくはこちら

解説と実演による文楽鑑賞入門

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

本公演は、初めて文楽に接する方にも楽しんでいただけるよう、公益財団法人文楽協会と連携し、文楽の太夫、三味線、人形の解説と体験(三味線は解説のみ)に続いて、本館にもつながりのある五条橋を舞台とした実演「牛若丸 弁慶 五条橋」をおこないます。

解説と実演による文楽鑑賞入門 ちらし
日時
2017年7月2日(日)13:30~15:00(13:00開場)
場所
平成知新館 講堂
料金
1,000円(税込)(全席指定)
※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
※チケット提示により平成知新館名品ギャラリーもご覧いただけます(当日のみ有効)
主催
京都国立博物館
制作協力
文楽協会
公演内容
13:00 開場
13:30~13:35 館長挨拶
13:35~13:40 研究員による紹介
13:40~14:20 文楽の解説と体験
14:35~15:00 実演「牛若丸 弁慶 五条橋」
出演
○太夫の解説と体験 豊竹芳穂太夫
○三味線の解説 鶴澤清丈′
○人形の解説と体験 吉田簑紫郎
○実演「牛若丸 弁慶 五条橋」
牛若丸豊竹始太夫
弁慶豊竹芳穂太夫
鶴澤清志郎
鶴澤清丈′
(人形役割)
牛若丸吉田簑紫郎
弁慶吉田玉勢
(人形部)
吉田玉翔 吉田簑太郎 吉田玉彦 吉田玉路 吉田簑之 吉田玉延

解説と実演による文楽鑑賞入門 ちらし PDF

>>詳しくはこちら

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ