テーマ「鳥獣戯画を語る」

京都国立博物館では、定期的に美術品・文化財に関連するシンポジウムを行っています。

このたびは、特別展覧会「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展にちなみ、「鳥獣戯画を語る」というテーマで、2014年11月15日(土)に開催します(会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂)。興味のある方は、ぜひご参加ください。
*シンポジウムは終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

開催概要

テーマ 「鳥獣戯画を語る」
日 時 2014年11月15日(土)13:00~17:00
会 場 京都国立博物館 平成知新館 講堂
聴講料 無料(ただし、観覧券が必要です)
申込方法 往復はがきに住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、
京都国立博物館「特別シンポジウム」係までお申し込みください。
定員(200名)になり次第締め切ります。
*往復はがき1枚につき1名様分のお申し込みとなります。

プログラム


【第1部】

13:00
開会
13:05~13:45
「絵巻と戯画」
上野友愛氏(サントリー美術館学芸員)
13:45~14:25
「マンガ研究から見た鳥獣戯画」
ジャクリーヌ・ベルント氏(京都精華大学・マンガ学部・教授)
14:25~14:40
-休憩-
14:40~15:25
《鼎談》
上野友愛氏、ジャクリーヌ・ベルント氏、大原嘉豊(京都国立博物館 学芸部)
15:25~15:40
-休憩-

【第2部】

15:40~16:10
「鳥獣戯画の修理」
岡墨光堂 岡岩太郎氏
16:10~16:55
《鼎談》
岡岩太郎氏、鬼原俊枝(京都国立博物館 学芸部)、赤尾栄慶(京都国立博物館 学芸部)
17:00
閉会
※第1部:日英同時通訳付、第2部:日本語のみ
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ