特集陳列 皇室ゆかりの名宝 2016年1月26日~2月21日

開催概要

展覧会名 特集陳列 皇室ゆかりの名宝
会期 2016(平成28)年1月26日~2月21日
会場 京都国立博物館 平成知新館
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
観覧料 一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
*( )内は団体20名以上
*障がい者の方と介助者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
キャンパスメンバーズは、学生証をご提示いただくと無料となります。
展覧会ちらし 特集陳列「皇室ゆかりの名宝」

展覧会の見どころ

 千年の都・京都には、華やかな王朝文化が花開き、現在でも皇室ゆかりの寺院が多数存在します。とりわけ、皇子女や摂家の子女が入寺した門跡寺院は高い格式を誇り、今日に宮廷文化の余風をとどめています。
この特集陳列では、歴代天皇や王朝に仕えた貴族たちの肖像画、天皇自らの手による宸翰、門跡寺院に伝わった仏画、伽藍を飾る障壁画をご紹介いたします。そのほか、理想とされた中国皇帝の絵画や、煌びやかな帝の行幸を描いた屏風、宮中のくらしを彩った工芸品の数々もお楽しみください。

各展示室の展示作品は、
天皇と公家の肖像 【2F-1 絵巻展示室】
門跡寺院の名宝 【2F-2 仏画展示室】
霊雲院の障壁画―元信芸術の粋― 【2F-3 中世絵画展示室】
華麗なる行幸行列 【2F-4 近世絵画展示室】
中国皇帝にちなんで 【2F-5 中国展示室】

関連展示
「雅なる近世天皇の書」 【1F-3 書跡展示室】
2月3日~3月13日 「宮廷の装束」 【1F-4 染織展示室】
2月2日~3月13日 「皇室と門跡寺院にゆかりの調度」 【1F-6 漆工展示室】

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ