メニュー

BLOGBLOG

ARCHIVES

2018年8月17日

特集展示「百萬遍知恩寺の名宝」を見に行くリン♪ エピソードⅠ

特集展示「百萬遍知恩寺の名宝」を見に行くリン♪ エピソードⅠ

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin


みんな、9月2日(日)まで開催中の特集展示「謎とき美術!最初の一歩」見てくれた?!
ねぇ、見てくれた??!!!

素晴らしい作品が、たくさん展示されているんだ♪
(「謎とき美術!最初の一歩」に関する虎ブログは、こちら☆


でも、それだけじゃないんだリン。


特集展示「百萬遍知恩寺の名宝」が開催中だよーーー!!

特集展示が同時開催されているなんて、豪華っ☆


というわけで、今回いっしょに展示室を見てくれるのは、 呉研究員だリン♪


呉研究員: ト、トラりん、よろしくね。

torarin


トラりん:よろしくリン♪
展示を見る前に、今回のタイトルに「百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)」ってあるけど...

呉研究員:京博から市バスに乗って北に行くと「百万遍」というバス停があるよね。
ちょうど京都大学吉田キャンパスの北側、緑にかこまれた大きなお寺が「百萬遍知恩寺」だよ。
浄土宗七大本山の一つで、浄土宗宗祖の法然上人が開基となり、上人の高弟で第二世となった源智上人(げんちしょうにん)が「知恩寺」と名づけた、大変由緒のあるお寺なんだ。
「百萬遍」という名は鎌倉末期に天皇からの命令で七日間、念仏を百万遍唱えて疫病を退治したことに由来していて、お堂にはとても大きな数珠(じゅず)が掛けられているよ。
毎月15日に開かれるフリーマーケットの「手づくり市」や毎年秋の古本市では、広い境内がたくさんの人で埋めつくされるほど、京都の人たちに親しまれているんだ。

トラりん:そうなんだっ!
お寺の名前の由来まで聞いたら、もっと展示を見るのが楽しみになったリン♪
よーし、これで準備は万端だよ!
いざっ!展示室へー☆

torarin



呉研究員:特集展示「百萬遍知恩寺の名宝」は、平成知新館の2階で開催されているよ。

トラりん:え!2階全部?
大規模な特集展示だリン!

呉研究員:そうなんだ。
たくさん展示をしている分、みんなに紹介したい作品ばかりだよ。
まず、はじめは「浄土五祖像(じょうどごそぞう) 京都・知恩寺所蔵」

torarin


トラりん:1、2、3、4、5...

_人人人人人人人_
> 五祖!!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

5人もお坊さんが集まると、ますますありがたい絵に感じるリン...!

torarin


呉研究員:中国の浄土教を確立した5人の偉いお坊さんが描かれているとされているんだ。中央の椅子に座っているお坊さんが、開祖の曇鸞(どんらん)。
日本で描かれた肖像画だけど、中国の原本を忠実に写しているよ。

トラりん:言われてみれば、曇鸞さんの椅子は、とっても豪華!!
開祖だからだったんだね☆


呉研究員:続いて、「法然上人鏡御影(ほうねんしょうにんかがみのみえい) 京都・知恩寺所蔵」

torarin


トラりん:ほうねんしょうにん...かがみのみえい?

呉研究員:法然上人が、絵を得意とする弟子の勝法房(しょうほうぼう)が描いた自分の肖像画を見たとき、鏡を手にして頭の形を自ら確かめ、絵具を塗り足したことからこのように呼ばれているんだ。
法然上人の肖像画はたくさんあるけど、由緒ある図像のひとつだよ。

torarin


トラりん:いまにも、法然さんが動き出しそうだリン☆


呉研究員:そしてこちらが、「重要文化財 浄土曼荼羅図(じょうどまんだらず) 京都・知恩寺所蔵」

torarin


トラりん:大きい絵の中に、仏さまがいっぱいいるリーン!

呉研究員:亡くなった人が行くとされる浄土の世界を表したとても大きな絵画だよ。
描かれている仏さまの姿から、平安時代に京都で流行した祈りの形を知るうえでも大事な仏画なんだ。
そして、こちらは「阿弥陀如来立像(あみだにょらいりゅうぞう) 京都・知恩寺所蔵」

torarin


トラりん:見つめていると、すぅーっと心が綺麗になっていくような感じがするリン☆

呉研究員:近年、有名な鎌倉時代の仏師の快慶が作ったという新しい説が出されたことで、注目されている阿弥陀さまだよ。
お寺では御影堂の奥に祀られているけれども、今回はお寺のご厚意でこんなに近くで観ることができるようになったんだよ。

トラりん:研究員のみんなが展示を企画してくれることへのありがとリンもだけど、貴重な宝物をお寺の外に出すことを許してくれたおかげで、こうしてボクたちが展示を楽しむことができるんだもんね。
とってもありがたいことだリン☆
それに、あの快慶さんが作者かも?なんて...
呉研究員!!ボクもこれから、こちらの「阿弥陀如来立像」に大注目するリン!!


呉研究員:最後は「絵入阿弥陀経(えいりあみだきょう) 京都・知恩寺所蔵」だよ。

torarin


トラりん:隅々まで美しい文字と細かい絵で埋め尽くされていて、迫力を感じるリン!

呉研究員:中国の明時代に木版で印刷されたありがたいお経だよ。
日本でいう室町時代にあたる明時代は木版出版が盛んになったのだけど、その影響が日本まで伝わったきたことを示す貴重なお経なんだ。
一番最後に室町時代の永正17年(1520)に知恩寺に寄進されたことを記した文章があるんだ。

呉研究員:うーん、やっぱりまだまだ紹介したい作品がたくさんあるなぁ。

トラりん:と、いうことは...

2人: 次回に、つづく☆

torarin



特集展示「百萬遍知恩寺の名宝 」
■会期:2018(平成30)年8月7日(火) ~ 9月9日(日)
■会場:京都国立博物館 平成知新館2F-1~5
■交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス
■休館日:月曜日

■開館時間:
火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)

■観覧料:
<8月7日(火) ~ 9月2日(日)>
一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
<9月4日(火) ~ 9月9日(日):部分開館*>
一般 260円(210円)
大学生 130円(110円)
*部分開館:2F、1F-1彫刻展示室のみご覧いただけます。3F、1F2~6は閉室します。

※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。

■関連土曜講座
○8月25日(土)午後1時30分~午後3時
「百萬遍知恩寺の歴史」
福原 隆善 氏(浄土宗大本山百萬遍知恩寺 法主)
○9月8日(土)午後1時30分~午後3時
「京都の社寺と博物館:京都国立博物館による百萬遍知恩寺什物調査について」
呉 孟晋(京都国立博物館 主任研究員)

詳細はこちら

torarin

※呉研究員は、大きい動物が怖いそうです。

2018年8月 3日

「祇園祭後祭 エコ屋台村2018」にお邪魔したリン♪

「祇園祭後祭 エコ屋台村2018」にお邪魔したリン♪

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin


みんなぁー!
アツイ夏を、楽しんでるぅ~~??!


ボクは去年に続いて、京都の夏の風物詩の1つ、京都芸術センターで行われる「祇園祭後祭 エコ屋台村」にお邪魔したよ☆
今年は2日間とも呼んでもらえたんだー♪
ボクもみんなといっしょに京都の街を盛り上げられて、とってもうれしいリン♪

「エコ屋台村」は、お祭やイベントから出るごみをもっと減らせることを、みんなに楽しみながら知ってもらうために京都市が企画しているよ。


開会式☆

今年も、舞妓さんによる美しい舞の披露、門川京都市長や寺田市議会議長、岸本祇園祭山鉾連合会理事長のご挨拶のあと、京都市が制定した「京都市清酒の普及の促進に関する条例」により、村尾明倫自治連合会理事長の発声でスタートしたよ♪

↓なんとなく、ボクが「借りてきた虎」を装っているお写真☆

torarin

これは、「リユース食器」だリン♪

torarin


一般のお祭やイベントで出されるごみは、使い捨てのお皿やコップが大半を占めているんだって!
エコ屋台村では「リユース食器」を使って、ごみをできるだけ出さずに、美味しい食べもの、飲みものを楽しむ取り組みを行っているよ☆


\リユース食器の回収コーナーはこちらだリン/

torarin


区役所・支所のエコまちステーションなどによる、ゲームコーナーやワークショップもあった!!

廃材でできているから、おともだちといっしょに遊びながら環境について学ぶことができたリン♪

torarin
torarin


ゲームに挑戦したら「景品引換券」をもらえたー!

torarin

どれでも好きなものを選んでいいよ、って言ってくれたから「しゃぼん玉」をもらったリン♪
ボクはうまく「ふぅー」って出来なかったから、おともだちに手伝ってもらったんだ☆
しゃぼん玉って、キラキラしていてとってもきれいだよね♪

torarin


広報コーナーで、文化庁の京都移転PRを発見!!
ボクにも、任せてー☆

torarin


ステージでは「文化」をテーマに、鷹山の祇園囃子、「IKENOBOYS」のいけばな、ヤッサン一座の紙芝居、「トルマリ」の和風大道芸、ボク、などなど...
どれも、見応えたっぷりのステージだったよ♪

お写真は「IKENOBOYS」さんと、ボクだね☆
イケメンづくしだリン!(言い切ることが大事)

torarin
torarin
torarin


このほかにも、食べられるのに捨てられている「食品ロス」の削減をテーマとした「もったいない屋台」では、おいしいメニューがいっぱい!!!
それに、お家でも食材の使いキリ・食べキリ・生ごみの水キリなど、食品ロスを減らす取り組みへの積極的なご協力をお願いしていたよ☆

なんと、そのお写真が...
ない。


何度もチャンスを伺ったけど、大人気で近づけなかったんだリン!
でも、それだけ「エコ屋台村」がたくさんのおともだちで賑わっていたということだよね♪


今年も京都市の環境マスコット「エコちゃん」と、ぱちリン☆
1年ぶりに会えて、うれしいリン♪
お互い変わらないね☆

こごみちゃんも来ていたけど、なぜか毎年いっしょにお写真を撮ることができないリン...
いつか、3人でお写真が撮れたらいいな♪

torarin


おしまい☆

2018年7月24日

特集展示「謎とき美術!最初の一歩」を見に行くリン♪

特集展示「謎とき美術!最初の一歩」を見に行くリン♪

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin


いま、京博で開催中の特集展示「謎とき美術!最初の一歩」!
早速、見てくれたおともだちもいるかな♪


今回の展示のタイトルを見たボクの最初の感想はね、
「やったーーー!!」


なんでかって?

日本美術は見てみたいけど、難しいんじゃないかな...と、なかなか一歩を踏み出せずにいるそこの君っ☆

安心してください、知識はボクもありませんよ!
(威張るな)


だけど、展示を見るのはとっても楽しいんだ!

ボクはいつも、おともだちといっしょに文化財を楽しみたいと思っているから、今回の展示でみんなとの一歩がはじまるのかと思うと、すごくすごくうれしいリン♪


展示について、いつかボクも
「名品に囲まれて生まれた、京博PR大使のボクに任せなさい!」
なんて、言えるようになれたらいいなぁ...ぽわわわ☆(妄想中)


水谷研究員:トラりん、大丈夫だよ☆

トラりん:水谷研究員♪

torarin


水谷研究員:トラりんとは毎日会っているけど、「虎ブログ」では1年前に行われた京都水族館さんとの連携企画「京博すいぞくかん─どんなおさかないるのかな?」ぶりだね。

トラりん:来てくれて、うれしいリン♪
みんなへプチ情報だけど、京博にはいろいろな部署があって、水谷研究員は「教育室」というところでおしごとをしているんだよ!

水谷研究員:教育室では、子どもから大人までたくさんの人に、より博物館を楽しんでもらって、文化財に興味を持ってもらえるように、いろいろな取り組みをしているんだよ。
今回の展示は、はじめて日本美術に触れる人に楽しんでもらいたくて企画したんだ。
夏休みの子どもたちや、海外から来た人にもぜひ見てほしいな!


トラりん:教育室のみんなは、こども☆ひかりプロジェクトの「ミュージアムキッズ!全国フェア」に参加するときもいっしょなんだよねー♪

水谷研究員:そうだね。
「ミュージアムキッズ!全国フェア」と言えば、今年は9月1日(土)・2日(日)に京都で開催されるから私たちも張り切っているんだよね!

カリスマPR大使の2人:詳しくは、こちら!

torarin


トラりん:「ミュージアムキッズ!フェア」の宣伝もさりげなく混ぜたところで、いよいよみんなといっしょに謎とき美術! “最初の一歩” を踏み出したいと思うリン♪
せーの☆


\一歩☆/

torarin



水谷研究員:まずは、「松竹梅鶴亀文様打掛(しょうちくばい つるかめ もんよう うちかけ)」(京都国立博物館所蔵)から見てみようか。

torarin


トラりん:松竹梅鶴亀!
すごく縁起がよさそうだリン!!

水谷研究員:そうだね!縁起がよくて、おめでたい感じがするよね。
この着物は結婚式で着られたと考えられているよ。
じゃあなんで、「松竹梅鶴亀」がめでたいんだろう?

トラりん:それはもちろん...!
あれ?なんでだっけ?
お正月の年賀状にも描いてあったりするし...
縁起がいいもの!とは思っていたけど、そういえば理由は考えたことなかったリン!

水谷研究員:実はこの着物に描かれている「松竹梅鶴亀」の組み合わせは、不老長寿の薬がある「蓬莱山(ほうらいさん)」っていう伝説の島を表わしているんだよ。

トラりん:不老長寿!
つまり歳をとらなくて、長生きできるってことだリン!
あ、ボクもずっと1歳だリン☆

torarin


水谷研究員:蓬莱山のお話は、もともと中国から日本に伝わったんだ。
最初は「大きな亀の背中に島があって、仙人が住んでいて、不老長寿の薬がある」っていうお話だったんだけど、日本に伝わると、他のいろいろな言い伝えとまざって、いつしか「蓬莱山には松・竹・梅が生えていて、鶴や亀が遊んでいる」と考えられるようになったんだ。
この着物には、「元気で長生き」とか「繁栄」という願いが込められているんだよ。

トラりん:たくさんのひとに伝えられていくうちに、松・竹・梅・鶴・亀になったんだね!
不思議☆
こうして聞くと、ますます興味深いリン!!
ねぇ、ねぇ!もっと教えてーー♪


水谷研究員:それじゃあ、今度はあの大きな絵を見てみよう。
重文 単庵智伝筆「龍虎図屏風(りゅうこず びょうぶ)」(京都・慈芳院所蔵)

torarin


トラりん:龍と虎きたぁああああああああ!!!

水谷研究員:これまでの虎ブログでも、龍と虎の絵って出てきたことがあったね。
龍と虎の組み合わせは、日本美術の中によく登場するよね。
この作品は、龍と虎が一緒に描かれた、残っている中で一番古い屏風なんだよ!

トラりん:一番古い?!
そんなすごいものが、さりげなく展示されているなんてっ!!

水谷研究員:実はさっき通り過ぎた展示ケースにも「松竹梅」を描いた日本で一番古い水墨画が展示してあったんだけど、今回は時間の都合で飛ばしちゃったよ。

トラりん:えぇっ!
じゃあ、みんなにはぜひ展示室でじっくり見てほしいね!!(カリスマPR大使)
ボクもあとで見なくちゃ☆
京博の名品ギャラリーには、実はすごいものがいっぱいあるから見逃せないリン!

torarin


水谷研究員:龍と虎の組み合わせも、中国から伝わったものだよ。
天を駆けて水や雲をあやつる龍と、地をつかさどる虎は、天と地を代表する特別な生物として、よく一緒に描かれたんだ。
「龍が声を出せば雲が起こって、虎がうなれば風が起こる」とも言われるよ。
この絵の中でも、龍のそばには水が渦巻いているね。虎のそばにある竹はしなっているから、強い風が吹いていると分かるね。

トラりん:すごく迫力のある絵だリン!
ボクも風を起こせるかな?
がおー☆


水谷:虎は中国や韓国には生息していたけど、日本にはいなかったから、昔の日本の人は、伝説の生き物の龍と同じくらい、虎のことも不思議な生き物だと思っていただろうね。
龍や虎は、悪いものを追い払ってくれると考えられていたんだよ。

トラりん:えーっ♪うれしいリン☆
龍も虎も、かっこいいリーン☆
ヒューヒューだリーン☆


水谷研究員:最後は、「獅子牡丹蒔絵歯黒箱(しし ぼたん まきえ はぐろばこ)」(京都国立博物館所蔵)。

torarin


トラりん:キラキラして素敵な箱だリン♪
文様は、獅子と牡丹...
うーん、獅子には守ってもらえそうだし、牡丹は美しいし...
これには、どんな意味が込められているの?

水谷研究員:牡丹は華の王と言われるし、獅子は獣の王だから、とても立派で華やかな組み合わせだよね。
獅子と牡丹が組み合わされるようになった理由は、いろんな説があって実ははっきりとは分からないんだ。
日本では、平和を祝って獅子が牡丹の傍で舞い踊る「石橋(しゃっきょう)」という能や、それを真似た歌舞伎が流行ったから、多くの人が、獅子と牡丹の組み合わせを知っていたんだよ。
「平和を祝って舞う」というイメージから、日本では、獅子はこわい生き物というよりも、めでたい生き物だと思われていたんだ。

トラりん:そういえば、この箱の獅子も、たくましいけどなんだか優しそうだし、牡丹のそばで楽しく遊んでいるみたいだリン♪

torarin


水谷研究員:そうだね。
ちなみにこの箱は徳川家のお姫様がお嫁にいく時に持って行った、お化粧道具入れのうちの一つなんだ。
この箱は、そのあと別の使い方をされたから、中がちょっと変えられているけれど。
裕福な家の娘が嫁ぐ時には、おそろいのデザインで道具をそろえて持って行ったんだよ。

トラりん:獅子と牡丹で飾られた、キラキラのお道具たち...とっても豪華だリン!
うっとり☆

torarin


水谷研究員:今日は3つの作品を取り上げたけど、このほかにもおもしろい作品がたくさんあるから、ぜひ見に来てね。
名品や、初めて展示されるものもあるから、いつも博物館に足を運んでくださっている方にも楽しんでもらえるはず。
それから今回の展示は「謎とき美術!」ということで、展示室の入り口に「謎ときシート」を用意したよ!
なんと日英中韓の4か国語対応。
これを手にしながら、展示室で謎解きを楽しんでほしいな。

torarin

torarin


トラりん:はじめて知ることばかりだったけど、お話をしていたら、いろんな「?」が「!」に変わって楽しかったリン!
今回の特集展示「謎とき美術!最初の一歩」が、よりたくさんのおともだちに日本美術を楽しんでもらえるきっかけになれたらうれしいリン♪

torarin



特集展示「謎とき美術!最初の一歩」
■会期:2018(平成30)年7月21日(土) ~ 9月2日(日)
■会場:京都国立博物館 平成知新館1F-2
■交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス
■休館日:月曜日

■開館時間:
火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)

■観覧料:一般 520円(410円) 大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。 

■関連イベント:ギャラリー・トーク
特集展示「謎とき美術!最初の一歩」を、研究員と一緒にお話ししながら見てみましょう。
開催日:2018年8月19日(日)
開催時間:10時30分~11時00分、14時00分~14時30分
開催場所:平成知新館1F-2 特別展示室
定  員:各回先着20名
推奨年齢:小学校1年生以上
講  師:京都国立博物館 研究員 水谷 亜希
料  金:無料(※ただし、当日の観覧券等が必要)
参加方法:当日受付(開始時間の5分前までに、京都国立博物館の平成知新館グランドロビーにお集まりください)

■関連土曜講座:
8月4日(土)午後1時30分~午後3時
「願いを託された動物・植物―吉祥文様入門―」
詳細はこちら

torarin

TOP
TOP