メニュー

BLOGBLOG

ARCHIVES

2018年7月13日

「杉本哲郎筆 シーギリヤ壁画模写」を見に行くリン♪

「杉本哲郎筆 シーギリヤ壁画模写」を見に行くリン♪

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin


今日は、大原研究員と待ち合わせをしているよ☆
ボクに紹介したい作品があるんだって!
うれしいリン♪
どんな作品のお話を聞かせてもらえるのか、わくわくわくわくわく...


大原研究員:トラりーん!
ごめんね、待った?

トラりん:ううん、全然待ってないリン♪

大原研究員:今日はトラりんと一緒に、スリランカのシーギリヤ壁画の模写を見ようと思っているよ。

トラりん:し...しーぎり...

大原研究員:外国の地名は難しいね。そもそもスリランカの場所を知っているかな?

トラりん:存じません。(キッパリ)

torarin

大原研究員:相変わらず期待を裏切らないね。
では、説明してしんぜよう。
逆三角形のインド大陸の南東隅に大きな島があるよね。
セイロン島というんだけど、ここだよ。
セイロン・ティーといわれるように、紅茶の大産地でもある。

torarin


トラりん:セイロン・ティーなら聞いたことあるリン!

大原研究員:そのスリランカのちょうど真ん中にこのシーギリヤがある。
シーギリヤ壁画は、シーギリヤ・ロックという岩山の中腹にあり、5世紀後半に活躍したカッサパⅠ世という王様が建てた王宮の遺構の一部とされているんだ。


トラりん:すごく興味深いんだけど...
早く展示室に行きたいからうずうずしちゃって、話が全然頭に入って来ないリン!

大原研究員:わかった、わかった。
自分だってこんな基礎知識どうでもいいんだけど、お約束だからね。
百聞は一見にしかずというし、早速行ってみよう。

torarin


大原研究員:こちらが今回見てもらいたい「シーギリヤ壁画模写」(京都国立博物館所蔵)。

torarin


トラりん:あれ?
このおんなのひと、お洋服を着ていないね?
ボクと同じで、裸が主流のひとなのかな?
それに...なんだか画面の下のほうがぼかされているリン☆

大原研究員:オッ、なかなかいい所に気付いたね。
そう、これは雲の間から姿を現しているから、ただの女性のヌードじゃないんだよ。
これはあくまで天女なんだ。

トラりん:ヌード?
ボク、1歳だからちょっと何言ってるかわからないリン。

大原研究員:アハハ、そうだね。
僕が学んだ西洋美術の先生が仰っていたことなんだけど、「西洋美術も女性の裸がいっぱいでてくるけど、あれはギリシア・ローマ神話などに典拠を持つ歴史画として描かれているんだね。結局、いいわけを用意しているけど、女性の裸を描きたいだけのただのスケベなんだ」だって。
だから最初に、何の脈絡も無しに、女性の裸をただの女性の裸として描いてしまったマネの「オランピア」は、不道徳としてごうごうたる批判を浴びたんだ。

トラりん:うーん...ボクの裸と、おんなのひとの裸は違うんだね!
だってボクが裸でも、別に何も言われないもん☆

大原研究員:ま、それはそれとして、確かに目のやり場に困っちゃうね。
色気づいてくる年頃のお子様には向かないけど、でも天女をこう描いてしまったのにはもう一つ大きな理由があるんだ。
わかる?

トラりん:もうっ☆
わからないから、もったいぶらずに早く教えてようぅぅぅ!

大原研究員:口の利き方も知らない無礼者にかける言葉などない。

トラりん:続きが気になってしかたないんだリン!
\どうか教えてつかあさいだリン!/

torarin


大原研究員:よろしい。
スリランカってインドに近いから、この壁画の様式もインドから学んだものなんだけど、インド一帯は熱帯地域に属するよね。
だから、当然、衣服も薄くならざるをえない。
そこで、人体そのものに対する描写意識が高くなったんだ。
人物の影になるような部分に濃色のぼかしを入れたり、逆に鼻筋などの高いところに白でハイライトを入れているのは、三次元の立体感を出すための工夫なわけだ。
だから、出るところは思いっきり出て、引っ込むところは引っ込んでいる、こんなパーフェクトボディを再現できたわけだね。

torarin


トラりん:シャドーやハイライトって、なんだかお化粧のお話を聞いている気分だリン☆
ところで、7面もあるけど、もとはどんな感じで並んでいたの?

大原研究員:この壁画が、シーギリヤ・ロックにあるという話は最初にしたよね。
これは戦前の絵葉書だけど、この中腹の岩壁に凹んだ回廊があって、そこに漆喰を塗って天女像はランダムに配置されていたんだ。
一応、今回は現在の遺跡の見学順序に添って並べているよ。
もとはもっとたくさんあったと考えられているけど、今は二十体弱しか残っていない。

torarin


トラりん:こういう所なのかぁ☆
これを模写するのは、大変だっただろうね!

大原研究員:よくぞ、言ってくれたね! 
これを模写したのは、杉本哲郎(1899~1985)。
彼は、滋賀県の出身で、京都市立絵画専門学校、すなわち現在の京都市立芸術大学を卒業した後、インド古代仏教美術に範をとり、独特な宗教美術を生み出したことで知られている。
この彼の名声を決定づけたのが、昭和12年(1937)から13年(1938)にかけて、京都市の支援と遺跡所在国の許諾を得て行われた、インドのアジャンタ壁画とスリランカのシーギリヤ壁画の模写だったんだ。
杉本は、帰国後、京都市の恩義に報いるために、恩賜京都博物館(京都国立博物館の前身)にこれらの模写を一括寄贈してくれたんだ。

トラりん:京都市は、文化事業にとっても理解があったんだね♪

大原研究員:この事業のすごいところは、現地政府の正式な許可を取った、外国人では世界初の模写だったこと。
そもそもこの遺跡は辺鄙な場所にあったからその存在が忘れられていたんだけど、イギリスがここを植民地にしていた時代の1875年にイギリス人が再発見したんだ。
杉本の模写は、再発見されてまだ間もない頃に行われていて、現在よりもずっと保存状態のよい時代に描かれているものとして貴重なんだ。

トラりん:じゃあ、いま、現地で見るよりもずっとキレイだということなの?

大原研究員:そう。
実は、シーギリヤ壁画は、自然劣化以外に、1967年に大きな人為的破壊を受けているんだ。緑色のペンキがかけられてしまったものは修復によってかなり回復しているんだけど、物理的に剥がされてしまったものは本図のような過去の画像記録でしか偲(しの)べないんだ。

torarin


トラりん:それはすごいリン!
でも、目のやり場には困るんでしょ☆

大原研究員:トラりんもしつこいね。
確かに目のやり場に困るけど。
それはともかく、スリランカは、長らく内戦が続いていたんだけど、近年ようやく落ち着きを見せてきていて、日本政府もその復興に力を貸しているんだ。
そのプロジェクトの一つに、シーギリヤ遺跡の整備があり、近年オープンしたシーギリヤ博物館もその成果なんだよ。そのオープンに際して学芸員の方が研修で来日されたんだけど、その際にこの模写を見ていただいたんだ。

トラりん:それでシーギリヤの学芸員さんはなんて言っていたの?
早く教えて...つかあさいだリン!

大原研究員:シーギリヤの学芸員さんも、杉本哲郎が模写したというのは知っておられたんだけど、実物を見るのは初めてで、やっぱり驚いていたね。
見ながら、「これは今酷いダメージを受けている」「色がかなりフレッシュだ」と言っておられたよ。

トラりん:こちらの模写が、約80年後に日本とスリランカの友好の役に立ったわけなんだね♪

大原研究員:そうなんだ。
帰国されて数年後に連絡があって、シーギリヤ博物館で杉本の模写の写真パネル展示をしたいから協力してくれ、と連絡があった時は、本当にうれしかったね。
杉本哲郎の画業を支えたご子息の一郎様もとても喜んでくださって、こんなふうにみんなハッピーになれることなんてそうないよね。
皆さんにも、ぜひしみじみ見ていただきたいな。
目のやり場には困るけど。

トラりん:ご家族にも喜んでもらえるのは、本当にうれしいことだリン♪
目のやり場に困るのも、生々しい迫力があるからだよね。
それだけ杉本さんの想いや高い技術が詰まっている証だね☆
みんなにもぜひ、京博の展示室でそれを感じてほしいリン!

torarin



杉本哲郎筆 シーギリヤ壁画模写―夏の京都で熱帯を感じる!―
■展示期間:2018(平成30)年7月10日(火) ~  8月5日(日)
■会  場:京都国立博物館 平成知新館2F-2
■交  通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス
■休館日 :月曜日(ただし7月16日は開館。翌17日休館)
■開館時間:
火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)
■観覧料:
一般 520円(410円) 大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
■関連土曜講座:
7月14日 「杉本哲郎と堂本印象―京都府立堂本印象美術館リニューアルに寄せて―」
大原 嘉豊(京都国立博物館 保存修理指導室長)

土曜講座
●7月21日 「奈良写経の魅力―五月一日経―」
上杉 智英(京都国立博物館 研究員)
●8月4日 「願いを託された動物・植物―吉祥文様入門―」(*1)
水谷 亜希(京都国立博物館 研究員)
●8月25日 「百萬遍知恩寺の歴史」(*2)
福原 隆善 氏(浄土宗大本山百萬遍知恩寺 法主)
●9月1日 「もっと見たい!もっと見せたい!廣海家の漆器コレクション」
永島 明子(京都国立博物館 教育室長)
●9月8日 「京都の社寺と博物館:―京都国立博物館による百萬遍知恩寺什物調査について―」(*2)
呉 孟晋(京都国立博物館 主任研究員)

(*1) 特集展示「謎とき美術!最初の一歩」関連講座
(*2) 特集展示「百萬遍知恩寺の名宝」関連講座

torarin

2018年6月29日

「さわって発見!ミュージアム・カート」を体験するリン♪2018

「さわって発見!ミュージアム・カート」を体験するリン♪2018

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin


「虎ブログ」にもたくさん登場している、大好評の 「さわって発見!ミュージアム・カート」

みんなは体験してくれたこと、あるかな?

教材を手にとって触れることができるから、感触を確かめたり、細部を見たり、仕組みを観察したりすることができるよ♪


日によって体験できる内容が変わる「ミュージアム・カート」!
特別展期間以外は、彫刻・考古・絵画・漆工の4種類を体験できるリン☆
(特別展期間中は、別の体験が登場するよ!)
どれが出るかは、行ってからのお楽しみだね♪

わくわくわくわく...わ...く...わ......

うーん...でも、なかなか京博に来られないおともだちもいるよね...

というわけで!
今日は、 ボクといっしょに「ミュージアム・カート」を体験しに行こう♪



トラりん: 来ちゃった♡
いろいろ教えてほしいリン☆

ナビゲーター片山・和田:トラりん、よく来たね。大歓迎だよ。
一緒にミュージアムカートを体験しよう!

トラりん:今日は、どんなことを体験できるの?

ナビゲーター和田:今日は考古から、「 銅鐸(どうたく)」だよ!

torarin

ナビゲーター片山:これは 「流水文銅鐸(りゅうすいもんどうたく)」といって、今から約2100年前・弥生時代中期(紀元前1世紀頃)のものだよ。
京都府の北のほうにある、与謝野町(よさのちょう)の明石須代神社境内(あけしすしろじんじゃけいだい)の大きな石の下から見つかったんだ。
この複製品は、実物から慎重に型取りして、樹脂、つまりプラスチックで形をつくり、絵具で彩色したものだよ。
とても精細なんだ。

トラりん:銅鐸、聞いたことあるリーーン!!
あれ?でも、何に使われていたものなの?

ナビゲーター和田:銅鐸とは、弥生時代に豊作を祈る祭りに使われていたと考えられる青銅製(せいどうせい)の鐘のことだよ。

トラりん:鐘だったんだね!

あれ?

音がしないリン...

torarin


ナビゲーター片山:トラりんが持っているのは「身(み)」と呼ばれる部分。
中に吊るす「舌(ぜつ)」が一緒に出土することもあるよ。
本来「舌」を振ることで音を鳴らすんだ。
今の風鈴みたいな鳴らし方だよ。

torarin


ナビゲーター和田:今度は虫メガネを使って、「身」の表面部分の文様(もんよう)を見てみよう。

トラりん:不思議な文様だリン☆
これにも、何か意味があるの?

torarin


ナビゲーター和田: 残念ながら、この文様にどんな意味があるかは、文字の記録がない時代なのではっきりとわかっていないんだ。
最初は土器の装飾として1本の線を引いていたものが、2本、3本と増えていき、だんだん複雑になってこうなったと考えられているよ。

ナビゲーター片山:よく見ると、水がさらさら流れるような文様をしているよね。

torarin


トラりん:水がさらさら...?

torarin


ナビゲーター和田:水がさらさら。

torarin


トラりん:水が、さらさ...

torarin


全員:流水文!!!!!

torarin
torarin


ナビゲーター和田:この文様の中には、魚もいるんだ。

トラりん:お魚さんが?!
えー、どこどこー?

みんな、見つけられた??

torarin
torarin


ナビゲーター和田:トラりん、このパネルは本物の「流水文銅鐸」の重さを再現したものなんだけど、持てるかな?

トラりん:みくびらないでほしいリン!
こう見えても、ボクはおとこのこのトラだリン!!
こんな小さい四角、簡単に・・・

torarin


ふぬっ......

torarin


(重い!!!!!)

torarin


ナビゲーター片山:全然持ち上がってなかったね。
見た目よりも、重いよね。
本物は4㎏の重さなんだ。
じゃあ、見た目よりも「か弱い」トラりんに質問。
銅鐸って本当は何色だと思う?

トラりん:え?
緑みたいな青みたいな色に見えるけど...

torarin


ナビゲーター片山:実は、作られた当時は赤みのある黄金色に輝いていたんだ。
今の緑色は、土の中で錆(さ)びてこのようになったんだよ。
錆びて青くなるため、「青銅」と呼ばれるんだ。

トラりん:銅鐸の色は、「むかし」と「いま」をつなぐ長い時間の証なんだね!
展示とあわせて「ミュージアム・カート」を体験できたおかげで、弥生時代のひとたちが暮らす風景や想いを想像することができたリン☆

実際に京博ナビゲーターとお喋りしながら、楽しく文化財に親しんでもらえる「さわって発見!ミュージアム・カート」!
京博に来てくれたときは、ぜひ体験してみてね♪


今回登場した 重要美術品「流水文銅鐸」(京都国立博物館所蔵)は、9/2(日)まで3F-2 考古展示室の「日本と韓国出土の考古遺物」で見ることができるリン!

torarin


「さわって発見!ミュージアム・カート」

場所:平成知新館2、3階 エレベーター前(都合により移動する場合があります)
時間:各日10:15~16:15(特別展の間はワークショップを行います)
参加費:無料(当日の観覧料が必要です)
解説:京博ナビゲーター



特集展示「新収品展」も開催中!

■会期:2018(平成30)年6月12日(火)~ 7月16日(月・祝)
■会場:京都国立博物館 平成知新館2F-1、1F-2~6
■交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
■休館日:月曜日

■開館時間:
火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
6月の金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
7月の金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)

■観覧料:
一般 520円(410円) 大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。 

出品一覧

土曜講座:
・6月30日(土)午後1時30分~午後3時
「釈迦堂縁起と狩野派の絵巻 」
 井並 林太郎(京都国立博物館 研究員)
7月からの土曜講座はこちら

荒ぶるボクで ほな、ばいリン☆
torarin

2018年6月22日

特集展示「新収品展」を見に行くリン♪~エピソードⅡ~

特集展示「新収品展」を見に行くリン♪~エピソードⅡ~

こんにちリン!
トラりんだリン!

torarin


いま、京博で開催中の特集展示「新収品展」!
みんな、もう見てくれたかな?

今日も、展示室に作品を見に行くよ♪
(「新収品展」に関する前回の虎ブログは、こちら☆

ね、井並研究員!

torarin


井並研究員:素晴らしい作品をたくさん展示しているからね!
トラりん、今日もよろしく。

トラりん:よろしくリン☆るんるん♪



井並研究員:まずは、「人物鳥獣画巻(じんぶつちょうじゅうがかん) 長澤蘆雪(ながさわろせつ)筆」(岩佐勝子氏寄贈・京都国立博物館所蔵)。

torarin


トラりん:長澤蘆雪さん...聞いたことがある人だリン☆

井並研究員:蘆雪は円山応挙の門下生で、「奇想の絵師」として近年人気の画家だよ。
最近も大きな展覧会が開かれたから、知っているひとも多いかもね。

トラりん:「奇想の絵師」!!
かっこいいリン!
ボクもそういうのほしいなぁ...
あ、「イケメン過ぎる虎」があった☆
自分で言い続けているだけだけど...(ぶつぶつ)

井並研究員:トラりん、見て。
動物や鳥、仙人などが、活き活きと描かれているよ。
物語が描かれているわけではないけど、巻物のかたちを活かして、いろんな生き物が次々現われる展開は、見ていてとても楽しいね。
20歳代末から30歳代初めの比較的若い頃の作品とみられるけど、蘆雪はすでに自分の世界を作り上げているみたいだね。

torarin


トラりん:とっても可愛くて、ボクも蘆雪さんのことが大好きになったリン♪
井並研究員と同じくらいの歳に、こんな素晴らしい作品を描いていたなんて驚きだリン!

井並研究員:ん?
...つ、続いて、「名所文様打掛(めいしょもんよううちかけ)(婚礼衣裳のうち)」(泉茂樹氏寄贈・京都国立博物館所蔵)を見よう。

torarin


トラりん:婚礼衣装って書いてあるね☆

井並研究員:昭和5年に、灘の酒造家に嫁いだ女性が、婚礼に際して着用した打掛だよ。
清水寺、厳島神社、平等院鳳凰堂といった現在も観光地として知られる名所があらわされているんだ。

torarin


トラりん:着物の文様として名所が描かれているのって、珍しいね☆
京都だけではなく、この前ボクがお邪魔した広島の厳島神社まで!
見れば見るほど、美しいリン♪

井並研究員:婚礼という、家の歴史の一大イベントを彩った作品をご寄贈いただくことは、とても光栄なこと。
大事に伝えていかなきゃいけないね。
次はこちらの作品を見てみよう。「花唐草蒔絵交椅(はなからくさまきえこうい)」(京都国立博物館所蔵)だよ。

torarin


井並研究員:\腰がー!/

torarin


トラりん:大丈夫?!
空気椅子で長時間ポーズしてくれていたからね!
「虎ブログ」を読んでくれているおともだちのために、鳥のお面に続き、今回のTシャツも自分で用意してくれて、本当に優しい男だリン!
それにしても、こちらの椅子...とてつもなく豪華!!!

井並研究員:17世紀オランダの様式を示す漆工品だよ。
折りたたみ式だから、教会に出かけるとき持参できるし、壁にかけて収納することもできる。
類品はあるものの、蒔絵と螺鈿(らでん)でこれほど高級に仕立てた例はほかにないんだ。

トラりん:すごいリン!!!
ボクも座ってみたいけど、チャームポイントのおしりが規格外だから妄想で座った気になろう...

torarin


井並研究員:京博は、日本の南蛮漆器も多く収蔵しているんだ。
外国と交易して文化を育ててきた日本の歴史を物語るためには、欠かせないジャンルといえるね。
さあ、最後に国宝「漢書楊雄伝(かんじょようゆうでん)第五十七」(京都国立博物館所蔵)を見てみよう。

torarin


トラりん:国宝。
ん.........?

_人人人人人人人_
> 国宝!!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

あまりにもさらりと言うから、聞き流すところだったよ!!
美しい漢字がたくさん並んでいるね♪
それに、ただならぬオーラ...長い歴史を感じるリン!

井並研究員:『漢書』は、班固(はんこ)という人が編集した前漢王朝の歴史書だよ。
書写されたのは唐時代。
唐時代の『漢書』は、現存最古にして、唯一なんだ。

トラりん:か...かっこいいリン!

井並研究員:さらに、巻末には、漢文の訓点(漢文の読み下し方を示す記号)を天暦2年(948)に付されたことが記されているよ。
中国・唐時代の文字の美しさだけでなく、日本の、平安時代の学問のありかたをも伝えてくれる作品なんだ。

torarin


トラりん:えぇぇぇぇええええ?!!!
この漢字の横に書かれている印は、平安時代の人がつけたってこと?!
そしてそれが、今ここに伝わっているってこと?!
ロ...ロマンだリン!

井並研究員:京博では、京都の地に根差した文化財だけでなく、広く東洋の文化を伝える作品も収集しているよ。
これからも、体系的で幅広い展示を目指して、博物館の使命「収集」を続けていくんだ!


トラりん:井並研究員がお話ししてくれた、特集展示「新収品展」は7月16日(月・祝)まで!
みんな、お見逃しなくだリン☆

torarin



おまけ☆

じつは、今回の「新収品展」ブログのお写真!
1、2とも、レフ板を使ってくれていたんだけど、いつもと違うの気付いた?

torarin



特集展示「新収品展」

■会期:2018(平成30)年6月12日(火)~ 7月16日(月・祝)
■会場:京都国立博物館 平成知新館2F-1、1F-2~6
■交通:JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
■休館日:月曜日

■開館時間:
火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
6月の金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
7月の金・土曜日:午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)

■観覧料:
一般 520円(410円) 大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
出品一覧

6月の土曜講座:
・6月23日(土)午後1時30分~午後3時
「新羅印花文陶質土器をめぐって―スタンプ文様の世界―」
 宮川 禎一(京都国立博物館 上席研究員)
・6月30日(土)午後1時30分~午後3時
「釈迦堂縁起と狩野派の絵巻 」
 井並 林太郎(京都国立博物館 研究員)

torarin

TOP
TOP