特集陳列 皇室の御寺 泉涌寺
2016年12月13日 ~ 2017年2月5日

開催概要

展覧会名 特集陳列 皇室の御寺 泉涌寺
会期 2016(平成28)年12月13日 ~ 2017(平成29)年2月5日
会場 京都国立博物館 平成知新館1F-2・3・5
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日、年末年始(12月26日~1月1日) 
*ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
開館時間 火~木・日曜日:午前9時30分から午後5時まで
金・土曜日:午前9時30分から午後8時まで
(入館は閉館の30分前まで)
観覧料 一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
*( )内は団体20名以上
*障がい者の方と介助者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
キャンパスメンバーズは、学生証をご提示いただくと無料となります。

展覧会の見どころ

京都の東山に壮大な伽藍をかまえる泉涌寺は、いまから800年ほどまえ、俊芿(しゅんじょう、1166~1227)により開創されました。寺名の由来は、境内の一角から清水が涌き出たことによるといいます。朝野の崇敬をうけるなかでも、「御寺」の名が示すように、とりわけ皇室とのつながりが深いことで知られています。この展示では、書跡・絵画・彫刻・工芸品など、さまざまな作品を通じ、泉涌寺の育んだ長い歴史を紹介いたします。

1月11日からの後期展示では「重文 観音菩薩坐像(楊貴妃観音)京都・泉涌寺」、「重文 三宝荒神坐像 京都・来迎院」が出陳されます。三宝荒神坐像は通常拝観できない秘仏で、今回が寺外初公開です。

各展示室の展示作品は、
【1F-2 特別展示室】
【1F-3 書跡展示室】
【1F-5 金工展示室】

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ