開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)
2017年4月11日 ~ 2017年5月21日

開催概要

展覧会名 開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)
会期 2017(平成29)年4月11日(火)~ 5月21日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
開館時間 午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一般 1,500円(1,300円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 900円(700円)
中学生以下無料

*( )内は前売および団体20名以上。
*前売券の販売期間は、2017年1月11日(水)~4月10日(月)
*障がい者の方とその介護者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
*チケットの主な発売場所オンラインチケット(公式サイト)、チケットぴあ(Pコード:767-951)、ローソンチケット(Lコード:52533)、セブンチケット、イープラス、CNプレイガイド、JTB各店舗ほか主要プレイガイドとコンビニエンスストアほか、(チケット購入時に手数料がかかる場合があります) *会期中、一部の作品は展示替を行います。
【主な展示替:前期 4月11日~4月30日/後期 5月2日~5月21日】
主催 京都国立博物館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿
協賛 大和ハウス工業
協力 日本香堂
展覧会ちらし 開館120周年記念特別展覧会 海北友松
公式サイト 開館120周年記念特別展覧会 海北友松

展覧会の見どころ

 海北友松(1533~1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄たちが信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。この展覧会では、晩年期の代表作はもとより、数少ない初期作や新発見・初公開の作品、さらに諸人との幅広い交流の跡を物語る書状や文書類などを数多く展示し、83年にわたる友松の生涯を振り返ります。

重文 雲龍図(部分)海北友松筆 建仁寺(京都)
重文 雲龍図(部分) 海北友松筆 建仁寺(京都)
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ