開催概要

展覧会名 没後150年 坂本龍馬
会期 2016(平成28)年10月15日(土)~11月27日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館(1F・2F)
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
開館時間 午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大学生 1,100円(900円)
高校生 800円(600円)
中学生以下無料

*( )内は前売および団体20名以上。
*前売り券の販売期間は10月14日まで
*障がい者の方とその介護者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
*チケットの主な発売場所セブン-イレブン、ローソン(Lコード:52200)、チケットぴあ(Pコード:767-783)、イープラス、JTB各店舗ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストア(チケット購入時に手数料がかかる場合があります) *会期中、一部の作品は展示替を行います。
主催 京都国立博物館、読売新聞社、読売テレビ
協賛 清水建設、大和ハウス工業、野崎印刷紙業、パナソニック、非破壊検査
協力 日本香堂

展覧会の見どころ

 坂本龍馬は19世紀半ば、幕末に活動した志士です。天保6年(1835)に土佐で生まれ、慶応3年(1867)に京都で亡くなりました。龍馬は現在の日本で最も人気のある歴史上の人物のひとりとされています。残された龍馬の手紙からは彼の自由奔放な生き様や家族への愛情が伝わってきます。その龍馬が亡くなっておよそ150年、近年発見された新資料を通じて龍馬のイメージを再構築し、幕末という時代に迫ります。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ