博物館ディクショナリー

酒典童子絵巻(しゅてんどうじえまき)

 ウルトラマンや仮面ライダーなど、少年の頃に怪物や悪者を退治(たいじ)するヒーローに憧(あこが)れたことがあるでしょう。いつの時代も子供たちはヒーローにあこがれを持っています。室町(むろまち)時代にヒーローだったのは源頼光(みなもとのらいこう)という武将(ぶしょう)でした。頼光は源頼朝(みなもとのよりとも)や、義経(よしつね)の先祖に当たる武士ですが、室町時代には伝説的な英雄になっていました。頼光が特に有名なのは、都の美女をさらう怪物を退治したことで、酒典童子絵巻はこの話を描いています。頼光が退治した怪物は「しゅてんどうじ」と呼ばれ、しゅてんは酒呑、酒典、酒伝などいろんな字がつかわれますが、この絵巻の箱には「酒典童子」と書かれています。

 物語は、ちょうど頼光が生きていた平安(へいあん)時代の半(なか)ば、一条天皇(いちじょうてんのう)の時代ということになっています。たった一人の娘が行方知(ゆくえし)れずになり、悲しみにくれた池田国方(いけだのくにかた)という貴族が、陰陽師(おんみょうじ:占師(うらないし))に占わせたところ、近江国伊吹山(おうみのくにいぶきやま)の鬼賊(きぞく)に捕(とら)えられていると分かります。そのことを聞いた天皇は、源頼光にこの鬼賊を退治するように命令しました。頼光は、部下で四天王(してんのう:四人の優れた武将)と呼ばれる渡辺綱(わたなべのつな)、坂田金時(さかたのきんとき:金太郎(きんたろう)のモデル)、卜部季武(うらべのすえたけ)、碓井貞光(うすいのさだみつ)の四人、それに藤原保昌(ふじわらのやすまさ)を加えて、まず住吉(すみよし)、八幡(はちまん)、熊野(くまの)の神々に戦勝祈願(せんしょうきがん)をしたあと山伏(やまぶし)に身を変えて伊吹山へ向かいます。途中、神々の化身(けしん)に助けられ、また神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)と星兜(ほしかぶと)を授けられ、これをもって山に分け入り、やがて童子の館(やかた)にたどり着きます。

  • 酒典童子絵巻
    酒典童子絵巻

そこで一行は家来の鬼どもにとり囲まれるのですが、童子は一行の来訪を大いに喜び、歓迎の宴を催しました。その席で、頼光は童子に神から授かった毒酒を飲ませて大いに酔わせ、やがて宴がお開きとなり、童子は岩屋(いわや)へ帰ってしまいます。

 頼光は、さらわれてきて童子の世話をしていた女たちに案内させて岩屋へ討ち入り、すっかり酔っぱらって眠りこけている童子の首を一気にはねてしまいます。童子の首は空中高く舞い上がり、頼光の頭にかみつきますが、神に授かった星兜の威力(いりょく)はすごく、この攻撃(こうげき)にも耐(た)え、やがて童子の首のカも抜けていきます。

  • 酒典童子絵巻
    酒典童子絵巻

 頼光は童子の一味の鬼どもを退治し、捕えられていた女性たちを救いだし、都へ凱旋(がいせん)したところで物語は終わります。そして、頼光の武勇(ぶゆう)に人々は感激し、また国土も平和になったと結ばれています。

 この物語は、鎌倉(かまくら)時代にはできあがっていましたが、最初舞台は丹波(たんば)の大江山(おおえやま)とされ、話はより複雑で、仏法(ぶっぽう)の加護(かご)が強調された説話(いつわ)でした。ところが室町時代になると、舞台が近江伊吹山に移され、物語も単純化され、子供たちにもわかりやすい話につくりかえられています。室町時代にはこうした武勇の物語や動物たちを主人公にする親しみやすい物語が数多く作られました。それらは古い物語を改作したり、伝説に基(もと)づいて創作したりされたものですが、江戸(えど)時代後期に大坂(おおさか)で書店をしていた渋川清右衛門(しぶかわせいえもん)が、それらの中から二十三編をまとめて『御伽草紙(おとぎぞうし)』と名付けて出版したことから、室町時代のこうした物語が一般的にお伽草紙と呼ばれるようになりました。渋川版の『御伽草紙』には酒呑童子のほか、浦島太郎(うらしまたろう)や一寸法師(いっすんぼうし)など、今でもよく知られている物語が含まれています。

 ところで、室町時代には、このお伽草紙は絵巻物の形で作られ、鑑賞されていたのですが、その後絵入り冊子に作られるようになります。全体に絵の部分が少なくなり、絵もページの幅に制約され、躍動的(やくどうてき)な画面の広がりがなくなってしまいますが、何よりも取り扱いが簡単なこともあって大いに普及します。彩色(さいしき)も図柄(ずがら)も単純なこの絵入り本は「奈良絵本(ならえほん)」とよばれ、室町時代の末期から江戸時代初期にかけて作られた物が数多くのこっています。その中には『酒典童子』もあり、絵巻と絵本の画面の作り方の違いを見ることができます。

美術室 若杉
1998年12月12日

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ