博物館ディクショナリー

京都国立博物館 特別展示館<旧帝国京都博物館 本館>
(きょうとこくりつはくぶつかん とくべつてんじかん)<きゅうていこくきょうとはくぶつかん ほんかん>

 京都国立博物館が開館したのは、明治(めいじ)30年(1897)のことです。当時は帝国京都博物館という名称でした。明治維新(いしん)後まもなく政府が東京に設置した博物館は、国内産業の振興を目的の一つとし、自然科学部門や動物園、植物園をも併設していましたが、明治19年(1886)に宮内省(くないしょう)の施設となり、寺院や神社が伝えてきた絵画、彫刻などの美術工芸品を鑑賞するための美術博物館として再出発することになります。明治21年には臨時全国宝物取調局(りんじぜんこくほうもつとりしらべきょく)が設けられ、帝国博物館総長の九鬼隆一(くきりゅういち)や理事の岡倉天心(おかくらてんしん)を中心として、社寺宝物21万点以上の保存と公開を図るために、その歴史的・芸術的評価を行なう大がかりな調査が実施されます。それと並行して、優れた美術工芸品が集中する京都と奈良に帝国博物館を新設する準備が進められました。

 帝国京都博物館の建物は、明治25年6月に着工し、28年10月に竣工します。

  • 京都国立博物館本館正面

 現在は特別展覧会に使用される煉瓦造りの本館、が創立当初の陳列館で、本館の前方にある正門(西門)、それから七条通りに面した南門に続く塀も、その時建設されました。宮内省内匠寮(たくみりょう)の技師であった片山東熊(かたやまとうくま)が率いる建設技官や大工に加え、京都をはじめ近畿圏と東京から石工(いしく)・煉瓦積(れんがづみ)・瓦葺(かわらぶき)・左官(さかん)・鋳工(ちゅうこう)等、様々の工匠(こうしょう)を結集して工事が行なわれたことが、棟札(むなふだ)に銘記されています。
 片山東熊は、日本の建築界の草分けの一人です。工部大学校(こうぶだいがっこう)の造家学科教授(ぞうかがくかきょうじゅ)として来日したイギリス人建築家コンドルの教え子で、コンドルの助手として有栖川宮邸(ありすがわみやてい)の建築にも携わり、その間にヨーロッパ各国を歴訪して宮廷建築を学びました。この京都博物館のほか、1年早く着工された奈良博物館、京都博物館竣工の翌年から明治42年にわたって建設された赤坂離宮(あかさかりきゅう)(迎賓館(げいひんかん))、明治41年に完成した現東京国立博物館の表慶館(ひょうけいかん)は、日本の唯一の宮廷建築家というべき片山の代表的な作品です。

 とりわけ京都博物館の建築は、ルーブル宮が造られたフランス17世紀の華麗なバロック様式を取入れながら、いかにも日本的な叙情性や繊細な感覚が表現され、東山の自然に調和した美しい景観を形成しています。緩やかに傾斜する庭園を西に下り、正門の前に立って本館正面を眺めてみましょう。中央部の大屋根を挟むように、もっこりとした二つの山が両翼部の背後に姿を現わします。その山と東の空、手前を遮る樹々や生け垣は、季節と時間によってさまざまに変化しますが、本館の棟瓦と沢田石(さわだいし)の柔らかな色彩、水平線を基調とした平明な構成は、そうした自然の変化を映し出す表情を意図したように思われます。

 広い内部は、著しく高い天井まで漆喰(しっくい)で白く塗り上げ、扉口に載せるバロック特有の意匠なども簡素で控えめなものとすることによって、清楚で落ち着いた鑑賞空間を創り出しています。天井中央を採光のためにガラス張りとするといった当時としては画期的と思える設計も注目されましょう。

  • 京都国立博物館本館内部
  • 破風装飾木彫原型 毘首羯磨
    <京都国立博物館蔵>

 玄関の上にある三角形の破風(はふ)には、仏教世界の美術工芸の神とされる毘首羯磨(びしゅかつま)と技芸天(ぎげいてん)の像が彫刻されていますが、その木彫原型を制作した竹内久一(たけうちひさいち)は、奈良に伝わる仏像彫刻に惹かれて木彫家に転じたと伝えられます。明治22年の東京美術学校開校にあたって校長の岡倉天心から彫刻科の教授に迎えられ、また、奈良興福寺(こうふくじ)の鎌倉(かまくら)時代に作られた維摩居士像(ゆいまこじぞう)などのすぐれた模造彫刻を残しています。
 この帝国京都博物館時代の建築は、近代日本の歴史的建造物として重要文化財に指定されています。

美術室 中村康
1994年6月11日

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ