対談イベント 「森見登美彦氏、京都国立博物館で語る」―2019年2月3日(日)

対談イベント 「森見登美彦氏、京都国立博物館で語る」―2019年2月3日(日)

イベント は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

京都を舞台にした小説を多数発表されている小説家の森見登美彦さんをお招きし、最新作『熱帯』をはじめとする作品についてお話しいただきながら、当館研究員が小説に登場する京都の名所と博物館のつながりを紹介します。

森見登美彦さん
森見登美彦氏(撮影/文藝春秋)

【登壇者】
小説家 森見 登美彦氏
    ×
京都国立博物館 研究員 羽田聡

森見 登美彦氏:
1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。
2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。
2007年『夜は短し歩けよ乙女』で第20回山本周五郎賞を受賞。
2010年『ペンギン・ハイウェイ』で第31回日本SF大賞受賞。
2018年最新作『熱帯』が第160回直木賞候補に。
他の著書に『有頂天家族』『聖なる怠け者の冒険』『四畳半神話大系』『恋文の技術』など。

羽田聡:
京都国立博物館 列品管理室長兼美術室長。専門は日本中世史(室町時代政治史)・古文書学。
【日時】
2019年2月3日(日)13:30~15:00(開場13:00)
【会場】
京都国立博物館 平成知新館 地下1階 講堂
【定員】
200名(全席指定)
【料金】
無料(ただし当日の観覧券等が必要)
【参加方法】
申込期間は終了いたしました。
※当選者には別途メールにて入場のご案内を差し上げます。
※キャンセル待ちの受付予定はございません。
【応募期間】
2019年1月4日(金)9:00 ~ 1月23日(水)17:00まで
※上記期間外のメールはすべて無効となります。
【お問合せ】
京都国立博物館 総務課 事業推進係 Tel.075-531-7504(平日9:00~12:00、13:00~17:00)
※2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)は年末年始休業
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ