イベント

【中止】特別展「聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─」キャンパスメンバーズ講演会 ―2020年4月24日(金)

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開催を中止いたします。

京都国立博物館キャンパスメンバーズ会員校の学生及び教職員を対象に、西国三十三所 草創1300年記念 特別展「聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─」の見どころなどを解説する講演会を開催します。

チラシ
特別展「聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─」キャンパスメンバーズ講演会

>>詳しくはこちら

【中止】堪庵 春の呈茶席 ―2020年3月21日(土)・22日(日)

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開催を中止いたします。

廣海家寄贈の茶道具を用いた呈茶を開催します。博物館でお茶の文化をご体験ください。
どなたでもご参加いただけます。

トラりん
お庭を眺めながら一服(イメージ)

>>詳しくはこちら

トークイベント「いまひとたびの『風神雷神』 原田マハと京博の研究者たち」―2020年2月9日(日)

イベント は終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

京都国立博物館の寄託品「風神雷神図屏風」(俵屋宗達筆・建仁寺蔵)を題材にした歴史アート小説『風神雷神』について、著者の原田マハさんと、当館館長・佐々木丞平、当館研究員・永島明子が関連作品の解説等を交えながらお話しします。

原田マハさん
原田マハ(写真:森 栄喜)

>>詳しくはこちら

京博の新春イベント2020

イベントは終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

令和はじめてのお正月を祝うイベントを開催します。新年はぜひ博物館へお越しください。
※新年は2020年1月2日(水)より開館します。

京博の新春イベントのご案内
「京博の新春イベント」チラシ

【お詫びと訂正】
10月31日(木)から11月4日(月・祝)までに配布した「京博の新春イベント」チラシに以下の誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

裏面 芸舞妓 春の舞 日時
(誤)…午前11時~午後11時30分、午後2時~午後2時30分
(正)…午前11時~午後11時30分、午後1時~午後1時30分

>>詳しくはこちら

シンポジウム「地域社会と文化財―身近にある文化財、それをまもり伝える意味」
―2019年12月7日(土)

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

※会場は東京国立博物館です。

今回の文化財防災ネットワーク推進事業シンポジウムは「地域社会と文化財―身近にある文化財、それをまもり伝える意味」と題し、基調講演には当推進事業有識者会議の委員をお願いしています。京都府立大学副学長の宗田好史氏をお迎えして、地域の過疎化・少子高齢化などの社会状況の変化による文化財保護の在り方についてお話しいただきます。
その他には、和歌山県から県立博物館の大河内智之氏、福島県から双葉町教育委員会の吉野高光氏をお迎えして、地域のかけがえのない文化財を地域の人々の力でまもり、次世代に伝えることで、地域の活性化や復興に役立てていくというお話をしていただきます。
2019年(平成31年)4月に文化財保護法が改正され、各地域における文化財の保存活用のための取り組みの計画的・継続的な実施を、指定文化財・未指定文化財の隔てなく、都道府県や市町村に求めています。 地域における取り組みは、どのようにして行われるのか。
今回のシンポジウムでは、地域の文化財に焦点を当て、それをまもり伝えていくことの意味と方法を考えます。

>>詳しくはこちら

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ