本文へ

当館ウェブサイトでは、ウェブサイトの利便性向上のためにCookie(クッキー)を使用しています。Cookieの利用にご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。「拒否する」を選択された場合、必須Cookie以外は利用いたしません。必須Cookie等、詳細はサイトポリシー

  1. TOP
  2. コレクション
  3. 名品紹介
  4. 染織
  5. 賀茂競馬文様小袖

ギャラリーをスキップする

※画像をクリックまたはタップすると拡大画像が開きます。

染織

賀茂競馬文様小袖かものくらべうまもんようこそで

基本情報

  • 1領
  • 丈128.0cm 裄64.7cm
  • 江戸時代 18世紀
  • 永田七郎氏寄贈
  • 京都国立博物館(I甲334)

上半身は紅絞り染の角立石畳(すみだちいしだたみ)文様、下半身は上賀茂神社の5月5日の行事・競馬(くらべうま)を、友禅染を基本にあらわしている。多彩な輪郭線にそって置いた糊による白い糊糸目(のりいとめ)の繊細さは、江戸時代中期の友禅染技法の高い水準をしめす。楓の葉のざわめくような表現は、2頭の馬の馳けぬける速さや見物する人々の熱気さえ感じさせ、上半身と下半身の技法と文様の対照的な扱いとともに、丹念に練られた優れた意匠力をうかがわせる。本来は振袖であったようで、若衆と呼ばれた元服前の少年の衣服と考えられる。

タイトルとURLをコピーしました

SNSでシェアする
X
facebook
LINE