知恩院 国宝 御影堂修理完成記念
国宝 法然上人絵伝と知恩院の名宝
2020年2月18日 ~ 2月26日

開催概要

展覧会名 知恩院 国宝 御影堂修理完成記念
国宝 法然上人絵伝と知恩院の名宝
会期 2020(令和2)年2月18日(火) ~ 2月26日(水)
2020年3月22日(日)までの展示を予定していましたが、新型コロナウィルス感染症対策本部での政府方針を踏まえ、2020年2月26日(水)までの展示といたしました。全館休館のお知らせ
会場 京都国立博物館 平成知新館 2F-1、2F-2
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日 ※ただし、2月24日(月・休)は開館し、翌2月25日(火)を休館
開館時間 火~木・日曜日、3月6日・7日・13日・14日:
9:30~17:00(入館は16:30まで)

金・土曜日(3月6日・7日・13日・14日を除く):
9:30~20:00(入館は19:30まで)
観覧料 一般  520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
関連土曜講座 3月14日(土)13:30~15:00
「法然上人行状絵図(四十八巻伝)への道程
 ―法然上人伝説の生成と展開―」
詳細はこちら

展覧会の見どころ

東山山麓に壮麗な伽藍を構える浄土宗総本山・知恩院。その中心となるのは、寛永16年(1639)に三代将軍・徳川家光によって建てられた、国宝・御影堂です。平成23年(2011)にこの御影堂の半解体をともなう大修理が発願されて以来、本年3月をもってようやく竣工します。
これを記念し、知恩院秘蔵の国宝「法然上人絵伝」を展示します。浄土宗の開祖・法然(1133~1212)の伝記を14世紀前半に絵にしたもので、48巻からなる大部の作品です。今回は、この中でもあまり公開されることのない巻を特に選んで展示し、高覧に供します。

展示室・展示作品リスト

2F-1展示室
2F-2展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ