特別企画 中国近代絵画の巨匠 斉白石 2019年1月30日 ~ 2019年3月17日

開催概要

展覧会名 日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画
中国近代絵画の巨匠 斉白石
会期 2019年1月30日(水) ~ 3月17日(日)
※天皇陛下御在位30年を慶祝して、2019年2月24日(日)は無料観覧日といたします。
※会期中、展示替えを行います。
 前期:2019年1月30日(水)~2月24日(日)
 後期:2019年2月26日(火)~3月17日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館2F-1~4
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日 ※ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
開館時間 火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一般  520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
関連土曜講座 ●2月9日(土)午後1時30分~午後3時
 「須磨コレクションの中国近代絵画」
●2月23日(土)午後1時30分~午後3時
 「木匠から巨匠へ:斉白石の人生と芸術」
●3月9日(土)午後1時30分~午後3時
 「斉白石の絵画における現代性」
詳細はこちら

展覧会の見どころ

本年度は、日中平和友好条約の締結から40周年の節目にあたります。これを記念し、中国・北京画院が所蔵する、中国近代水墨画を代表する画家である斉白石(1864~1957)の名品を一堂に展示します。
斉白石は、若き頃、故郷の湖南省湘潭での大工仕事で培った、華やかな色彩と簡潔で力強い墨線の画を得意とし、素朴な描写のなかに、かわいらしさとユーモアがあふれています。晩年に「人民芸術家」の称号が授けられ、現代の中国では誰もが知っている大画家ですが、一方で造形美を追求した孤高の画家でもありました。
北京画院は1957年に成立した、中国で最も古く、規模の大きな美術アカデミーの一つです。初代名誉院長に斉白石を迎え、その名品を多く所蔵することでも知られています。
今日の中国で最も愛されている画家、斉白石の魅力をこの機会にご堪能ください。

■展示室
2F-1展示室
2F-2展示室
2F-3展示室
2F-4展示室

■関連展示
[名品ギャラリー]2F-5展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ