特集展示 京の冬景色 2018年12月18日 ~ 2019年1月27日

開催概要

展覧会名 特集展示 京の冬景色
会期 2018(平成30)年12月18日(火) ~ 2019(平成31)年1月27日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館2F-5
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 ●月曜日 ※ただし2018年12月24日(月・休)、2019年1月14日(月・祝)は開館
●年末年始:2018年12月25日(火)~2019年1月1日(火・祝)
●2019年1月15日(火)
開館時間 火~木・日曜日:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
展覧会ちらし 「京博のお正月」チラシ
beyond2020

展覧会の見どころ

四季に恵まれた日本の自然は、その季節ごとにさまざまな表情を見せてくれます。桜、新緑、紅葉など、季節を彩る豊かな色彩が、見慣れたはずの景色に新鮮な趣を添えるさまはまことに目に楽しいものです。
一般的には観光のオフシーズンとされ、底冷えのする冬の京都には、しかしこの季節ならではの景色があります。 特に、市内でも北部や山沿いでは雪が積もりやすく、雪化粧という言葉そのままに、真白な雪は美しい景色をさらにも美しく磨き上げてくれるのです。 そんな魅力的な京都の冬景色が描かれた作品をご覧いただこうという特集展示です。

展示室・展示作品リストはこちら
2F-5展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ