新春特集展示 子づくし─干支を愛でる─ 2020年1月2日 ~ 2月2日<

開催概要

展覧会名 新春特集展示 子づくし─干支を愛でる─
会期 2020(令和2)年1月2日(木) ~ 2月2日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館1F-2
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日 ※ただし2020年1月13日(月・祝)は開館し、翌1月14日(火)を休館
開館時間 火~木・日曜日: 9:30~17:00(入館は16:30まで)
金・土曜日: 9:30~20:00(入館は19:30まで)
観覧料 一般  520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※( )内は20名以上の団体料金。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
キャンパスメンバーズ(含教職員)は、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
関連土曜講座 〇2月1日(土)13:30~15:00
 「おそるべきねずみたち」
詳細はこちら
beyond2020

展覧会の見どころ

干支の先頭、鼠は、ともすると穀物の蔵を荒す嫌われ者。なぜ多くの美術品に愛らしく描かれるのでしょう。
ひとつには大黒さんの使いとして好印象を得たからです。はじめは鼠が助けたことのある日本の神様、大国主(おおくにぬしの)神(かみ)とコンビでしたが、インドから大黒天がやってくると「大黒」と「大国」が一体化し、その富と豊穣の神様の使いに納まりました。多産の鼠には子孫繁栄の願いも託されます。江戸時代にはペットとしての人気も博し、珍種を得るための交配の手引き書も刊行され、人に懐く鼠も作り出されました。
身近な小動物であり、神様の使いで子宝の象徴でもある鼠たち。子月子日の行事をあつかう『源氏物語』の「初音(はつね)」を含め、子づくしの美術をお楽しみください。

展示室・展示作品リスト

1F-2展示室

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ