特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美
2019年10月12日 ~ 2019年11月24日

開催概要

 
展覧会名 特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美
会期 2019年10月12日(土)~ 11月24日(日)
※会期中、一部の作品は展示替を行います。
会場 京都国立博物館 平成知新館
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
※ただし、10月14日(月・祝)と11月4日(月・休)は開館し、翌火曜日(10月15日、11月4日)を休館とします。
開館時間 火~木・日曜日:午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一 般 1,600円(1,400円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生  700円 (500円)

※( )内は前売料金および団体料金(20名以上)。
※中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳 ※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと、各種当日料金より500円引きとなります。
主催 京都国立博物館、日本経済新聞社、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞
後援 京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都市観光協会
協賛 岩谷産業、松栄堂、損保ジャパン日本興亜、ダイキン工業、NISSHA、三井物産
公式サイト 特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美
beyond2020日本博

展覧会の見どころ

100年目の再会!――散り散りになった秘宝が最大規模で集結
36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品「佐竹本三十六歌仙絵」。かつて2巻の絵巻物として伝わったこの作品は、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、別々の所有者のもとに秘蔵されました。2019年は、この「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから、ちょうど100年を迎える年です。本展では、これを期に、離ればなれとなった断簡を展覧会としては過去最大となる規模で集め、皆様にご覧いただきます。大正、昭和、平成の世を越え伝えられた、秘宝中の秘宝。平安・鎌倉時代に花開いた王朝美術の名品とあわせて、「佐竹本三十六歌仙絵」と、それを生んだ宮廷文化が放つ、最高の美の世界をご堪能ください。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ