開催概要

 
展覧会名 特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念
国宝 一遍聖絵と時宗の名宝
会期 2019年4月13日(土)~ 6月9日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
※ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
開館時間 火~木・日曜日:午前9時30分~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金・土曜日:午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一 般 1,500円(1,300円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生  900円 (700円)

※( )内は前売料金および団体料金(20名以上)。
※中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳 ※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと、各種当日料金より500円引きとなります。
主催 京都国立博物館、朝日新聞社、時宗、時宗総本山清浄光寺(遊行寺)
協力 仏教美術研究上野記念財団

展覧会の見どころ

遊行(ゆぎょう)や踊り念仏(おどりねんぶつ)などで知られる時宗(じしゅう)は、宗祖一遍上人(しゅうそいっぺんしょうにん)(1239~89)によって開かれました。 この時宗を教団として整備し、大きく発展させたのが二祖(にそ)の真教上人(しんきょうしょうにん)でした。2019年に真教上人(1237~1319)の七百年遠忌(おんき)を迎えるのを記念して、時宗の名宝を一堂に会する展覧会を開催いたします。

全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵(いっぺんひじりえ)」(清浄光寺蔵)、真教の足跡をつづった「遊行上人縁起絵(ゆぎょうしょうにんえんぎえ)」、歴代祖師の肖像彫刻や肖像画など、時宗の名宝の全貌をご堪能いただくまたとない機会となることでしょう。 なかでも、「一遍聖絵」は鎌倉時代を代表する絵巻で、大判の絹地に当時の風景や人物が精細に描かれ、中世の歴史を語る上でも重要な作品です。全12巻を全巻公開します。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ