LANGUAGE
  1. TOP
  2. 展示一覧
  3. 特別展
  4. 親鸞聖人生誕850年特別展 親鸞—生涯と名宝

親鸞聖人生誕850年特別展 親鸞—生涯と名宝

タイトルとURLをコピーしました

SNSでシェアする
Twitter
facebook
LINE
copy

開催概要

展覧会名

親鸞聖人生誕850年特別展 親鸞—生涯と名宝

会期

2023(令和5)年3月25日(土)~5月21日(日)
※会期中、一部の作品は展示替を行います。

会場

京都国立博物館 平成知新館

交通

JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス
交通アクセス

休館日

月曜日

開館時間

9:00~17:30(入館は17:00まで)

観覧料
一般 1,800円(1,600円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 700円(500円)
  • ( )内は前売料金です。
  • 大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
  • 中学生以下は無料です。
  • 障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
    *身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
主催

京都国立博物館、朝日新聞社、NHK京都放送局、NHKエンタープライズ近畿

展覧会公式サイト

展覧会の見どころ

2023年は浄土真宗を開いた親鸞聖人(1173~1262)の生誕850年にあたります。親鸞は京都に生まれ、9歳で出家して比叡山で修行に励みますが、29歳で山を下り、法然上人の弟子となります。そこですべての人が平等に救われるという阿弥陀仏の本願念仏の教えに出遇うも、法然教団は弾圧を受け、親鸞も罪人として還俗させられ越後に流罪となります。
その後、罪が赦された親鸞は、関東へ赴き長く布教に励み、やがて京都へと戻り、晩年まで主著『顕浄土真実教行証文類』(教行信証)や「和讃」など多くの著作の執筆や推敲を重ねました。その90年の生涯と教えは、今も多くの人を魅了して止みません。本展覧会は親鸞の求道と伝道の生涯を、自筆の名号・著作・手紙をはじめ、彫像・御影・絵巻など浄土真宗各派の寺院が所蔵する法宝物を一堂に集め紹介します。

国宝 親鸞聖人影像(安城御影副本)(部分) 京都・西本願寺 <3月25日~4月2日展示>

国宝 親鸞聖人影像(安城御影副本)(部分)
京都・西本願寺 <3月25日~4月2日展示>

桜花図/松・藤花図のうち桜花図 望月玉泉筆 京都・東本願寺 <通期展示(面替あり)>

桜花図/松・藤花図のうち桜花図 望月玉泉筆
京都・東本願寺 <通期展示(面替あり)>

展示一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました

SNSでシェアする
Twitter
facebook
LINE
copy

当館ウェブサイトでは、ウェブサイトの利便性向上のためにCookie(クッキー)を使用しています。Cookieの利用にご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。「拒否する」を選択された場合、必須Cookie以外は利用いたしません。必須Cookie等、詳細はサイトポリシー